2011年6月26日日曜日

SAVE CHILD:【動画】埼玉県内のホームセンター 市販の腐葉土から高い放射線

【動画】埼玉県内のホームセンター 市販の腐葉土から高い放射線
http://savechild.net/archives/3737.html



(私見)

いやー多分そうだと思ったんですよね。
腐葉土は危険じゃないかと。
それにしても高い・・・なんと高い数値。

日本の様々な業者はなぜ汚染物を全国にばら撒くことに必死なのでしょうか?


武田邦彦さんが警告されているように、出来るだけ汚染物は一箇所に集中させ、
後に国が回収できるようにすべきだと思います。国は法律で汚染物回収の義務があります。
しかし国は現状全く逆に動いてます。

チェルノブイリ事故におけるソ連の方が遥かに的確かつ迅速だったかもしれません。
当時のソ連は軍を20万人動員し、爆発によって散らばった核燃料や瓦礫を短期間で集めました。
それは汚染を広げないためだと思われます。
ただ、その時に防護服の配布や説明などをちゃんとしなかったため
大量に被曝させられた被害者が出ました。
それは忌むべきことです。

でも、日本は回収するどころか拡散に努めています。
挙句に安全ですって宣言し、海外にまで波及し、輸入規制にあいつつあります。
遥かに悪質です。何故このようなことすらわからないのでしょうか。
最終的には信用を完全に失い、下手すれば金輪際信頼回復は困難になるかというのに。

ちなみに、最早ガイガーカウンターのプロとなった
オペレーションコドモタチのDELIさんの話では、
アメリカ軍におけるガイガーカウンター取り扱いマニュアルによると(読んだらしい)
ガイガーカウンターを向ける時は、対象物を見ない。マジックハンドなどをつかって距離をおくなどの必要性が書かれていたそうですのです。
計測時は対象物から顔を背けるなどが必要のようです。

多分、目、鼻、口など粘膜は放射性物質に対して弱いからじゃないですかね。
とすると、どうしても放射線値が上がる公園などを横切る時も見ないと考えた方がいいかな。