2011年5月24日火曜日

クリーンな国へ

昨日も書きましたが、中国が益々原発設置へ前向きな中、やはり放射性物質を吸着する技術とか日本はもっと真剣に取り組んだらいいなーなぞと思いながら寝てました。
黄砂に含まれる放射性物質は年々増加の傾向にあるようですし、エアクリーナーの技術も日本は先進的のようなので、放射性物質を吸着するフィルターの開発とか。実際のところ、焼却炉用の放射性物質を取り除くフィルターはありますので、一般家庭用や、宇宙戦艦ヤマトばりの超巨大放射能除去装置とか、食材に付着した放射性物質を除去するとか、体内に蓄積した放射性物質を排泄するためのサプリメントとか、色々前向きな可能せも一杯あると思うのです。

10万年なくならない上に、中国は今後バンバン建造されていくなか明白にリスクは増大します。なので、国内のを全て除去してもまだ足りないのです。しかも今は中国は成長過渡期ですが、急激な成長はむしろ危険です。日本もそうでしたが、過渡期の製品は本当に酷いですから。そうした中で、原発もあるのですから、危険度もハンパないと思います。もっと怖いのは成長打ち止め期になった時です。ちゃんと管理できるかというと疑問です。

一時、あまりに黄砂が酷いので、日本から風を吹かせて黄砂を飛ばし返すというプロジェクトがまことしやかに語られていた時期もありました。吹きかえしは問題があるので、やはり、吸着、除去、除染といったクリーン技術を進化させる時のような気がします。あとSFちっくな話ですが・・・バリヤーとか。(笑)

私のようなーアッパラパーな脳味噌ではどうにもならないので科学の得意な若人は是非取り組んで頂きたいなーなぞと勝手なお願いです。日本人は世界でも異常がつくほどの綺麗好きですし、日本人だからこそ出来るような気がします。国内の原発は当然全て卒業という上でのクリーン計画ということでよろしくお願いします。