2011年5月24日火曜日

積算量が重要

放射性物質移流拡散シミュレーション 2011年3月12日-2011年3月27日
うわー・・・これはよくわかる。
今まで空間線量のシミュレーションは数多くありますが、積算線量をも描いのは初めてみました。
雨などで落下した放射性物質というのは土壌などを除染しない限り残り続けるわけですから。
茨城、千葉は全土、栃木も半分ぐらい。これを見ると、神奈川、静岡の茶葉でも検出された理由がわかる気がします。あー・・・もう来週で関東の野菜一杯で打ち止めにしよう。これはとても買えない。

今はまだ数値がわかるものを買っているのですが、今後そうした検査が減っていくことを考えると恐ろしくて買えない。厳密に計測結果を報告してくれれば安心して買えるのだけど、それを放棄しているのなら無理だ。あー・・・時計は巻戻らない。だからこそ、これからの積算量は抑えたい。