2011年9月6日火曜日

EX-SKF-JP:小児性白血病と感染症・アレルギーとの関係


SUNDAY, SEPTEMBER 4, 2011
小児性白血病と感染症・アレルギーとの関係
http://ex-skf-jp.blogspot.com/2011/09/blog-post_04.html
(引用)
低線量の放射線によるがんのリスクが、一般的に行われている推定方法によって示されるものよりもはるかに大きく、通常の診断用 X線 被曝により DNAが損傷を受けている危険性が大きいと主張した。また放射線感受性は個人差があり、アレルギー体質や感染症歴のある子供達や心臓疾患のある成人は対照群にくらべて高感受性であると報告した。 
アレルギー体質(喘息や蕁麻疹)の子供および細菌性感染症(肺炎や百日咳、赤痢)やウィルス感染症(はしかや水疱瘡)にかかったことがある子供について白血病の相対リスクを健常児と比較した。特にアレルギー体質の子供は交換受精で、胎内被曝により白血病のリスクが顕著に増加した。

(私見)

理論的に考えるとアレルギー体質などというものは存在しない。
あれは単なる医者のマジックワード。もっと言えば誤魔化し、逃げだと思います。
何せ誰だってアレルギーになれますので。
私は自らの経験から、世間で言われるこの表現に該当する人は、
免疫システムに何らかの異常を抱えた人と考えています。
揚げ足は置いておいて、免疫過剰反応症とでも言うべきこのタイプの人は、
安全なレベルから過剰に反応するため、組織を傷つけやすく、その究極が・・・ということではなかろうと。
考えられますね。

やはり我々のような人は気を付けておいて損はないのです。