2011年4月22日金曜日

ニュース備忘録4/22

宮崎監督も鈴木Pもとても具体的な方達なので
どういう動きをされているかと思ったら、なるほど!!
自らの仕事の延長線上できっちりこういうことをされているんですねぇ。尊敬。
本来、支援ってこうした自らの歩みの延長線上でやるのがやはり理想だなぁ。
「トトロ」が避難所に!ジブリ無料上映会
http://www.sanspo.com/geino/news/110420/gnj1104200501001-n1.htm

この震災で色々な方が「上を向いて歩こう」を歌われているが、
坂本九さんの歌声はまるで次元が違う。
夏公開予定の映画では挿入歌に流れるようだ。
しかも昨年秋に決定していたとのこと・・。なんという偶然だろうか。
それにしても五郎監督を説き伏せてこの曲をおした鈴木Pは神がかっている。
「上を向いて歩こう」ジブリ挿入歌に決定
http://news24.jp/entertainment/news/1617027.html
ななななななんと!!
あの「木を植えた男」のバック氏の回顧展をジブリ主催で!!感動です・・・。
しかも世界で最大の氏の回顧展になるそうで映画も上映されるとか。
これは一度と言わず足を運ばねばならない!!!
今年のジブリ展はフレデリック・バック回顧展
7月2日(土)から10月2日(日)まで東京現代美術館にて開催。
http://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=201104200005
カメラマンの兄からも富士フィルムの技術は世界一だとは聞いておりました。
今やこんなことも出来るんですね。
記憶は失われてしまいますが、写真があることって結構心の重要な位置をしめたりします。
普段は全く見ないものですが、完全に失われると寂しいですよ。それがアルバムの写真です。
富士フイルム、水や泥で汚れた写真プリント・アルバムを救う活動を支援する「写真救済プロジェクト」を開始
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=279100&lindID=5
フランスで対原発事故特殊部隊のようなものを創設したそうです。
やっぱり、というか当然必要ですよね。なんで一私企業が国家的、世界的問題を対応しているんでしょう。海外からもさんざん突っ込まれても無視する日本・・・。原子力保安院という、全く原子力に無知な人が名ばかりのポストに天下っている日本・・・。やはりマトモとは言いがたい。
原発事故の特別部隊、仏電力公社が新設へ 緊急時に対応
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381959FE0E3E2E79D8DE0E0E2E6E0E2E3E39C9C91E2E2E2;at=ALL
保安院がまともに検査できる筈もないようなので、
ほとんと「やっているよ」というスタンドプレイのような気がします。
安全性も何も、世界で最も危険な場所になっている原発として世界中に認知されています。
検証するまでもないと思います。即刻停止以外の選択肢はないはず。
浜岡原発:原子力安全・保安院、立ち入り検査開始 緊急対策を確認 /静岡
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20110422ddlk22040196000c.html
この記事によると日本は産業用ロボット輸出世界一な上に、
レスキューロボット部門でも他国を圧倒したのに、一ヶ月半も経過し今頃投入となったようです。
とにかく憤るのは「東電が嫌がった」から導入が遅れたそうです。
彼らには感情がないのでしょうか?同じ人間なんですかね。本当に日本人なんですか?実は宇宙人に乗っ取られているとか?現場ではなく「責任者が」ですね。現場は何時だって必死なんです。
王国の威信回復かけ…国産ロボット、福島原発に投入へ
http://www.asahi.com/science/update/0422/OSK201104220027.html
他にも国、東電がらみの載せたい記事がありましたが、
とにかく腹が立って腹が立って仕方がないので今日はこれまで。