2011年5月19日木曜日

絆求める動き

やっぱり「結婚」 震災で強まる絆志向
(1/4ページ)2011/5/19 7:00
http://www.nikkei.com/life/simple/article/g=96958A9C889DE0EAE4E4E1EBE4E2E3E4E2E7E0E2E3E38588EAE2E2E2;p=9694E3E6E2E4E0E2E3E2E4EAE1E3?n_cid=TW001 
非常時に最も頼りになって、安心感を与えてくれるのはやっぱり一緒に暮らすパートナー――。東日本大震災はシングルの結婚観にも影響を与えたようだ。震災後、結婚に踏み切ったり、結婚相手を真剣に探し始めた女性が増えている。一方で、非常時だからこそ見えた交際相手の姿に失望して別れを選ぶ人も。シングルが絆を求めて動き始めた。
やはり来ましたか。
震災直後に、兄に言ったのです。
「これが落ち着いたら忙しくなるよー」って。
兄は「なんで?」って言ってましたが。

いやいや本当に心細いものですよ。
無力を思い知らされる場では理屈じゃないんですね。
犬でもいたら随分違ったろうなーと思ってました。
ペットでは大きな隙間は埋まらないでしょうが。
埋まらないからどんどん増やそうとするわけでしょうね。

この記事にもあるように誰でもいいというわけではありませんが、
独身者の見えないハードルはかなり下がったでしょう。(笑)