2011年6月30日木曜日

EX-SKF-JP:アメリカで起きていること


WEDNESDAY, JUNE 29, 2011
米国ニューメキシコ州ロス・アラモス国立研究所に迫る山火事、敷地まで15メートル
http://ex-skf-jp.blogspot.com/2011/06/blog-post_29.html


ネブラスカ州フォート・カルフーン原発、福島を髣髴(ほうふつ)とさせる最新情報
http://ex-skf-jp.blogspot.com/2011/06/blog-post_9027.html


(私見)

正直いってソッチ気にしている余裕ないんですけどね・・・。

でも・・・ちょっと、ちょっと、なんごとですか!
作業ミスで原発のあるアクアダムが欠壊。地上の電源が消失。
建家屋上にある非常用電源装置でまかなう事態になった。
そこから、ホウサン注入にまで発展。え・・・?大丈夫なの。

あっちも東電と同じで、「大丈夫、安全だから」を連呼。
やっぱり国際的な対処マニュアルがあるんでしょうね。
結局はアメリカもいざとなったら隠蔽ですか?
つまり、隠蔽しないといけないほど危険な施設。それが原発。

更に野ざらしになっている使用済み核燃料地帯では
ドラム缶畑が山火事で囲まれているとか・・・。

オバマ大統領!!
某国の総理と違いあなたは出来る人だ。
あなたが、「原発やめよう!!どうせ核兵器も廃絶するんだから」と動けば、
某国の連中も「実はやめたかったんですよ!」と太鼓持ちでノル筈です。
お願いしました。