2011年7月9日土曜日

武田邦彦:「節電」は本当に必要なの?(4) 日本人は劣っている?!

「節電」は本当に必要なの?(4) 日本人は劣っている?!
http://takedanet.com/2011/07/post_685c.html
(引用)
もともと日本の電気代はアメリカの3倍と言われる.
もともと日本人はアメリカ人の1.8分の1しか電気を使っていない
電気が足りなくなったとしたら、東電のミスである.
それなのに[電気を15%削減できなかったら罰則]というのは、政府が溢れるほどのお金を東電からもらっているからだ。
しかも、東電の電気生産能力はたっぷりあるのに、放漫経営で電気をだせないに過ぎない.
・・・・・・・・・
私たちの電気代から、政治資金、マスコミ対策資金、御用学者研究費をだし、社会をコントロールすることに私たちは寛容であってはならない。
絶対に節電に協力してはいけない。また電力は増長する.


(私見)

電力の横暴をしって以来、私は東電メーターをほとんど見なくなりました。
電力ゲージが90%を超えると以前は焦ったものですが、
今では「お!いいねいいね」と思ったりします。
何せ余裕もたせてのゲージですし、彼らは恣意的にコントロールして何が悪い的な態度です。

私はクーラーを使わないほうが体調がいい人です。
この日中にクーラーを使ったことはこの10年ありませんが、
腹がたつし、今年は非常に湿度高で熱中症をコントロールするのがとても難しいので
クーラーつかったろかーと思ったりしてます。

ただ、
節電にあえて協力しつつ、
でも、あなたを許さない。
という態度は日本人らしくてカッコイイかもしれない。
と思ったりもしますが。