2011年7月3日日曜日

EM活性液の使用感

最近になってうちのEMさんがゲップをするようになりました。
やはり暑いからでしょうね。
発酵が盛んなのか、半日もキャップしめたまま置いておくと、
「ゲフー」とゲップをしてくれます。

野菜等に使うEM1を日常空間に使うなどというのは
ちょっと常識では考えられない発想のことのように思います。ですが、
私は信じた人の助言をまずはやってみるたちです。
効果がなければヤメればいいだけですし。

効果はすぐに出ました。

うち干ししている洗濯物が臭くないのです。
これだけの気温、
これだけの湿度であれば雑菌が繁殖してそれはそれは臭いものです。
一度雑菌が湧くと、洗いなおして天日干しにしても臭いが残るぐらいです。

実際にまく前までの洗濯物はどうにも雑菌臭くてたまらず、
いわゆる除菌スプレーを巻こうかどうかと考えてきたところです。
それがある日消えました。
「あれ?なんで臭くないんだ。何が起きたんだ。気のせいか?」
と思っていましたが、来る日も来る日も臭くありません。
試しに、毛布、シーツ、カバー、その他衣類と、見ただけでタマラン!!
というぐらいに干してみました。
やはり臭くないのです。
どうやらEM活性液の効果であったようです。

「チェルノブイリのかけはし」に書いてあることに後で気づきました。

こうなったら俄然やる気まんまん!!
毎日朝は室内や玄関外、風の通り道でありフィルター的役割も果たす網戸や遮光カーテン、車内等にも噴霧しております。最近は放射冷却現象で身体を冷そうと時々身体に噴霧して涼んでおります。

あくまで個人的な感想であり、科学的検証に基づかないものと捉えてください。
とりあえず業者の回し者でもありませんし、そもそもあまり売れても困ります。
こうしたものはだいたい売れだすと入手しにくくなったり、値段が上がったり、労を誤魔化したり嘘をつきだすので。(苦笑)