2011年8月3日水曜日

武田邦彦:円高で「庶民の懐」はどうなるか?

円高で「庶民の懐」はどうなるか?
http://takedanet.com/2011/08/post_5ef7.html
(引用)
私は円高になるのは庶民にとってとても良いことだと思います。ほとんどの人は現金を「円」で持っているのですし、日常的に買うのは輸入が60%の食糧と、輸入が100%のエネルギーですから、いいばかりです。

(私見)

そうですね。不幸中の幸いだったように思います。
これで海外の比較的安全な食材を安く買える。
この際だから米もタイ米にしましょうか。カリフォルニア米が今は日本米並においしいそうですし。
チェルノブイリ原発事故の後、ベラルーシが悲惨だったのは貨幣価値が下落してしまい、
一般の人は他国の輸入食品が買えず、汚染を知りながら汚染食品を食べ続けなければならない悲劇があったと聞いております。