2011年8月3日水曜日

EX-SKF-JP: ドイツ気象局の放射能拡散予測はやはり中止でした (重要)


MONDAY, AUGUST 1, 2011
ドイツ気象局の放射能拡散予測はやはり中止でした
http://ex-skf-jp.blogspot.com/2011/08/blog-post_01.html
(引用)
残念。ドイツ在住の日本人の大学教授の方がわざわざ気象局まで出向いて下さったそうですが、決定は覆らず。
全部で8300以上のメールが日本から届いたそうです。目は通しているように思いました。今回印刷して感謝や要望を持って行ったのを非常に喜んでいました。翻訳も非常に喜んでくれていました。メールで見るのと紙として実際に見るのとでは全然違 うし、顔を合わせて話しに来たのもとても喜んでくれていました。そして彼らの仕事が役に立ちされ感謝されている事を正直に喜んでいました。どの人たちも素晴らしい科学者だと思いました。もしまた大量の放射性物質が放出されたりした場合はすぐにでも始められるとのことです。もちろんドイツ政府からの指令が必要になりますが、ドイツ政府はそういうことに関しては信頼できると思います。DWDのモニターシステムには福島や周辺の放射線のIAEAからのデータが入っていて彼らはモニターをしています。よって有事の際にはすぐにでも計算を始められるとの事です。とにかく担当者の方々は非常に難しい決断だったと何度も言っていました。

(私見)

残念ですね。
でも、最後まで続けて下さって感謝にたえません。
これほど国内の機関が頼りにならない、機能しないというのも前代未聞ですが、そういう国になっていたということが知り得ただけまだ良かったかもしれません。

それにしても日本からの問い合わせが多かったという点が今の日本人の性質を表しているように思います。「聞く前に最低限のことは調べる」ということをしない。こちらも残念な現実です。調べないと思考停止してしまう。