2011年9月10日土曜日

武田邦彦:ヨウ素の急増について(速報)

ヨウ素の急増について(速報)
http://takedanet.com/2011/09/post_4362.html
(全文引用)

岩手県奥州市、東京都の一部などで高い放射性ヨウ素が検出されています。8月上旬から中旬にかけて福島原発から排出されたものと考えられ、当然、原発側は把握していると思います。

今のところ、検出値は低い(1キロあたり3000ベクレル以下)なので、急な行動は不要ですがこのことについて政府、東電、マスコミが黙っていることに注意をしなければなりません。

とりあえず速報まで
チェルノブイリのかけはし:ヨウ素がでていたみたいです!
9月 9th, 2011
http://www.kakehashi.or.jp/?p=4254
(引用)
雨や台風の前にベント?疑い。
確かにノドがチクチクして変だなぁと思うことが8月の末によくありました。
古傷が痛むというか。3月の末に郡山から帰って4月の末にノドにピンポン球半分くらいの何かができた。ほうっておいたら消えたけれど、体調はものすごい悪かった。
酵素ジュースやら、酵素風呂やらでなんとかもちなおしたものの。身体の古傷として、DNAに記録されたか。
 東京で大異変…ヨウ素が急上昇!何が起きているのか
2011.09.09
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110909/dms1109091222007-n1.htm
(引用)
 福島第1原発から約180キロ離れた岩手県奥州市で、同市が管理する前沢下水浄化センターの汚泥から、食品の暫定基準値を大きく上回る高濃度の放射性物質「ヨウ素131」が検出されていたことが9日、分かった。ヨウ素131はウランの核分裂で生まれ、半減期が8日と短いことから、検出日の直前に何かが起きた可能性があり、動揺が広がっている。
(私見)

私の謎の発熱タイミングとも一致してます。

この2回とも風邪にはしては妙な発熱でした。
今まで経験がない発熱。
風邪の前期症状がなく、スイッチが入ったように突然だるくなります。
これは面白いようにメリハリがある。
「あれ?なんか妙だなぁ」と思い、熱をはかると8月時は38.8度。
9月4日は37.8度になってました。
しかも妙なのが、熱の下がり方。
一気に下がり6時間程度で平熱になります。
その上で病後の独特なあの感じがない。
まるで台風が去った後のような白々しい感じ。
「え?本当に自分熱あったの」というぐらい全く何事もなかったように。
身体もサクサク動きます。

そして、この熱を出す前や当日は必ず外出しております。

なるほど。
なーるほど。
かけはしの野呂さんの体験談からも、
放射性物質に感受性が高い人はかなり肉体が即応することも考えられるので、
可能性は少なからずありそうかな。
先日もなんか妙な1日で、スイッチが入ったり切れたりといった感じでした。
その前の日に眼科行ったりどこ行ったりと1日外出してました。

やはりまだまだマスクはしたほうがよさそうです。
風が強い日でも8月あたりからしてませんでした。
どうりで時折胸が圧迫されたようなホットスポット旅行後と似た症状があったわけです。

それにしても政府は何を企んでいるのやら。。。。
いや、政府もそうですが東電でしょうか。
先々日だったか、ニュース23クロスで菅直人氏がインタビュー受けておりました。
その時におっしゃったことで、3月15日に東電は「撤退したい」と申しあれがあり、
それを突っぱねたと自慢気に語っておられました。
いやはや双方に驚きです。


20110906あの日から半年_菅直人 投稿者 bakaTepco5


とにかく東電が事実を言わない、命令を実行しないと菅直人氏は言っておられましたが、
恥という言葉を知らないお方のようです。
そんなの国の最高権力者なんだから、いくらでもやりようがあったでしょうに。
そのくせ、自己弁護の言い訳は極めて見苦しい。
そりゃあ東電もずにのるわけです。
主要関係トップ全員を仮でもいいので更迭し、政府が結成した専門部隊と現場とともに事故にあたらないと。

まだまだネットから目が離せません。
それにしても今日は暑いなぁ。