2011年9月9日金曜日

EX-SKF-JP:フランス・アクロ:福島の子供の汚染は100パーセント


WEDNESDAY, SEPTEMBER 7, 2011
フランス・アクロ:福島の子供の汚染は100パーセント
http://ex-skf-jp.blogspot.com/2011/09/blog-post_2105.html
(引用)

日本政府により実施された検査では福島の子どもたちの約半数が汚染されているとしているが、我々の結果では100%である。このことは日本政府の測定精度が不十分であり全ての汚染を検出していないことによる。 
子どもたちの親は汚染を減らそうと精一杯の努力をしているにもかかわらず、環境中への大量の放射性物質の放出から4カ月以上もたった後、採尿の時期に未だ福島にいる子どもたちは全て汚染されていた。避難は汚染を減らすための一つの方法である。子どもたちの間での内部被ばくのバラつきは食物によるものであろう。
福島の子どもたちの内部被ばくを正確に、系統的にかつ定期的に監視することが重要である。家族はこの汚染を減らすことができるように放射能の測定結果について知ることができなければならない。