2011年10月12日水曜日

Android2.3.4:005SH:メインドライブ問題

思った通り空き容量が足りない。
005SHはメインドライブが400MBしかない。
なので10本もインストールすると残容量が100MBをきる。

そして90MBをきった辺りから予想通り動作が不安定になってきた。
これはPCと全く同じ現象だ。
メインドライブは不用意に圧迫させないほうがいい。
容量が少ないスマホは選りすぐったソフトにせざるを得ない。
動作が不安定になれば用をなさない。

それまでサクサク動いていたのに時折モッサリした動作になったり、反応がワンテンポ遅れだした。
思わず何度もタップしてしまい不用意な動作をさせてしまう。
初めから予想された003SHや005SHおよび、それ以前のAndroidスマホの根本的問題だろう。
案の定最近のモデルでは容量が拡大されている。
これは過渡期マシンの宿命だろう。

仕方ないので100MBは確保できるようSDカードに移動出来るアプリケーションは可能な限り移動させピッタリ100MBを確保した。動作が軽くなった。この場合、ついでに不要なキャッシュも消去しておくのが良さそうだ。メインドライブの容量がこれdかえ少ないとキャッシュだけでもかなり圧迫する要因となるでしょう。

この作業はインストール後に行うことも出来るようですが、むしろその方がいいように思った。
デフォルトでSDカードにインストールしてしまうと不具合が起きやすいことが容易に想像が出来る。
これもPCと同じ理由。ソフトはそもそもメインドライブにインストールすることを想定して設計されているからですね。
インストール後に移動できないソフトはSDカードにインストールしない方がいいと思われる。

容量が大きいソフトでSDカードに移動できるものだけ移動する。
SDカードに移動することでウィジェットが動作しなくなるので、ウィジェットに置きたいアプリはメインドライブに置かざるおえない。

それにしてもまぁなんでこんなに容量少ないのですかねぇw
最低でもメインドライブは4Gは欲しいところです。
この容量からしても、「Ver3は乗らないな」と思わせるに充分な要因ですね。
こうした点もiPhone4の方が優れいている。
iPhoneシリーズはAppleのことだからSDカードをさしたり出来ないのではないでしょうか?
それが寧ろ結果的良かったことになる。

AndroidスマホはSDカードをさせますが、
まず抜かない位置にカードをさすのであまり意味がない。
抜き差しするのは初期や故障時のデータの移動とかだけであろうかと。
005SHは16GBのSDHCが同梱されているので、ほとんどまずもって充分な次元に思います。
(映像を一杯いれたい場合や、ワンセグを録画しまくる人は勿論足りないでしょうが)

容量が少ないとインストール、アンインストールを繰り返さざる終えないのでしょうが、
これもPCと同じで動作が不安定になる要因となります。
メインドライブの容量が少ないということは、Androidのコンセプトから外れているモデル。
と、言えなくもないですね。まー過渡期モデルなので諦めましょうw

メインドライブをVerUP出来ないものかなぁ。
PCと違って無理だろうなぁ。