2011年10月12日水曜日

スマホそれぞれ

オンラインで某日○新聞のiPhone4Sの記事を読んで驚きました。

これほど魅力を伝えていない記事も凄いなぁと思いました。
長いだけ。まるで私の投稿のようだ。(笑)
あれではまるで要は 「とにかく4よりスペックは上」 とだけ言っているようなもの。
それをプッシュし出したら末路は近いだろう典型的な記事に感じました。
魅力が減衰される印象すらあった。
ゲーム機としての優秀さをプッシュしだすし。
ハードが優秀いこーるソフトが面白いわけではないでしょう。



アップルが強くアピールしている部分とも合致してこない。
日本の新聞記者は本当に大丈夫なのだろうか?
あれを読み、3.11の記事を振り返る限り大丈夫じゃないのだろう。
カメラがどうだとかクラウドがどうだとかはAndroidで既に出来ていることのように思う。
iPhoneの決定的な良さはそこにはない筈だ。
寧ろそういった部分に関しては後手に回っている印象である。
iPhoneの良さは宮台真司さんに語らせたら熱い。聞いているだけで欲しくなる。
愛ですね。

先日他の記事では「スマホ利用者の多くは使いづらいという印象を抱いている」というものもあった。
「さもありなん」ではないでしょうか。
電話として捉えていると、当然ながら使いづらいと思います。
私はザウルスの初期からPIM端末を幾つか使っていたのでスマホはPIM端末として捉えています。なのでその関連のソフトにのみ特化していインストールしてます。コミュニケーションとドキュメント系がメインです。基本的PIM端末と捉えるとスマホはスムーズです。ただし一方では前世紀の捉え方のようにも思えます。

スマホをどう捉えるかは色々だと思いますが、現在の多様性が進化の原動力になっているように思いますので、PIMを核しない異なった可能性も感じます。過渡期ですね。


少なくともコミュニケーション系アプリは固定されたPCよりもスマホの方が遥かに相性がいいことを実感しております。PCに長っ尻にもならないのもいいですね。トイレに入ってニュースのツイートをチラ見したり場所と時を選ばないで済むので日常の流れを疎外しません。今後もスマホは面白そうです。もう少しタブレット市場も賑わってくるとよいのですが。ビジネスでの実用を考えると、現状では電話用の小型携帯とタブレットが理想的に思えます。