2011年12月6日火曜日

Andoroid2.3.4:005SH:「問題はCarrier IQでなく、キャリアとメーカー」著名研究者が解析結果

「問題はCarrier IQでなく、キャリアとメーカー」著名研究者が解析結果
収集可能なデータの種類を表にまとめ
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20111206_496073.html
(引用)
米Carrier IQが収集するデータについて、実績のある著名なセキュリティ研究者が自身のスマートフォンで詳細に解析した結果を公表した。収集されるデータは妥当な内容で、意図に悪意は感じられず、Carrier IQのサービスは結果としてユーザーの携帯サービス向上につながる種類のものではないかと分析。その一方で、携帯キャリアと端末メーカーに対しては、ユーザーにデータ収集を事前通告しなかった責任を指摘した。
(中略) 
 Carrier IQのソフトウェアを端末メーカーが埋め込む際に、どのデータを収集したいかを決定するのはメーカーであり、それに基づいて端末独自のプロフィールが作成される。このプロフィールに基づいてデータがCarrier IQに送信され、解析可能な形式にしてメーカーに送られる仕組みだ。そのため、あるデータを収集することが可能であっても、その機能を利用していない場合がある。そして収集すること自体が不可能な場合、そのデータについてユーザーが心配する必要はないことになる。
(中略)
問題は、このソフトウェアとサービスを開発したCarrier IQでなく、ユーザーとの間で最終的に契約を交わし、実際に情報を収集利用している端末メーカーと携帯キャリアの側にあるとしている。


 (私見)

ですよねぇ。やはり物事の本質は端末メーカーと携帯キャリアのあり方ですよ。

爆弾つくったけど、どう使うかはあなた次第というのは無責任です。それと同じ理論でCarrier IQ側に問題がないかと問われれば問題はあります。でも、それ以上にその爆弾をどう使うかが一番問題なので端末メーカーと携帯キャリアが最大の問題に思います。その姿勢、精神です。

恐らくスタンスとしては、ユーザーの便利さを追求した結果であるかのように仰ると思います。それは詭弁に思えます。結局は思い通りにお金儲けしたいだけが本心ではないでしょうか。ユーザーのことを考えているようには思えません。この心の歪みが何より問題であるように感じます。世界の人を蝕んでいる。その極端な存在が某電力会社や政治家様で、人の庭に半永久的に効果のある毒をぶちまいて、「おっと~、掃除しといて」と言い放ち、平然としているわけです。

メーカー側から続報が出ないのも、どう誤魔化すか相談中なのでしょうか。マスコミ様はこの問題を完全にスルーされているようですが、これはまるで某電力会社のこととだぶります。何せ偉大なるスポンサー様ですからねぇ。ペンは剣より強しでしたっけ?よく見たら注釈が小さい字で書いているかもしれませんね。(スポンサー様が嫌がることを除く) ですね。