2011年12月4日日曜日

Andoroid2.3.4:005SH:LangDroid Beta

ラジオ受信系アプリ。
「LangDroid Beta」

ラジオの某語学番組をダウンロードして聞けるアプリです。
もの凄く便利です!!
そのうち止められる可能性もありますので今のうちですね。

(2011/12/5追記)
Betaという解釈は色々ありますが、この開発者は期間限定として使っているのかな?
私の場合は試用期間が来年1月できれるようです。
とても便利なソフトなので価格によっては正規版を購入してもいいですね。
ただ、オートダウンロードが該当番組会社により疎外されているようで、攻防が繰り広げられています。そのうち使用停止くらう可能性もありますね。
(横道にそれます)

私は頭がパンパンな時や気分転換をしたい時に英会話を聞いております。
ノイジー派なので音がないと落ち着かないのですが、
こういう場合、日本語だとどんどん頭に入ってきてしまいパンクしてしまうからです。
さりとて英語オンリーだと落ち着かない。

こういう時にいいのが語学番組です。

数年も聞いていればそのうちある程度は聞こえるようになるというおまけ付。某CMみたいですね。
ただ、正直なところ語学番組の外国語は、ビジネス番組クラスでないと極めて不自然に思います。
ずっと聞き流していると、初級クラスの会話はかえって聞きづらくなりますねー。
YouTubeにiOS5のSiriに日本人が話しかけても無視される笑える動画がありますが、頷ける気がします。

サラリーマン時代にアメリカ出張させていただいたおり、
休憩でアイス屋によっていただけ、バニラを欲しいと4,5回言い直しましたが通じなかったことを懐かしく思い出します。
私「バニラ」
若い女性店員「What?]
「バニラ?」
「What?]
「ah・・・・ヴァニラ」
「What?]
「ah・・・ha・・・ヴァニーラ?」
「What?]
「ah・・・・・・ah・・・・・・ヴァーニラ??」
「・・・・」(困惑し、隣の店員と見つめ合う)
「ah・・・・・(ショーケースを覗き込む私)・・・this」
「ok」
針のムシロとはこのことです。
(察してくれよぉぉぉぉぉ!!)と当時は思いましたが、今はなんとなく頷けます。

どうやら全く違うものに聞こえているようです。
この場合、日本語英語でいく場合は
「ニラ!」
と言えば通じるようです。
「バ」、「ヴァ」に相当する部分は下手に発音せず、「ニ」を強調すると、バニラに聞こえます。
強調しないとこれまた通じないようです。

ま、こんなことやっていると下手な英語のままでしょうが、
会話は通じるかどうかが何より重要ですので構わないでしょう。
上手になるかどうかは向学心の問題で二の次。

昔ありましたね。
「掘った芋いじくんじゃねー!」と外人に注意すると。
「5時でーす」って満面の笑みで英語でかえされたという実話。
「What time is its now !」に聞こえるようです。

有名な話でもう一つ。
「水」も、「ウォーター」では通じませんで、「ワラ」と言うと水がいただけますね。
これは実験もしたことがあります。
この時も「ワ」を強調することが重要のようですね。しないと「?」になってしまうようです。

それにしても不安になると語尾が上がり「?」がつくのは日本人共通のものですね。(笑)
Siriに無視される日本人も語尾が上がっていたひには当時を思い出し笑いました。