2011年12月1日木曜日

野尻泰煌:ホテル日航東京3F回廊にて展示開催



野尻泰煌ギャラリー
愛 ~悠久を語るコトバ~


[場所]ホテル日航東京3F コリドールギャラリー
[会期]12月1日(木)~12月25日(日)
[Web]http://taiko-nojiri.jp/nikko.html

師のギャラリーが本日より展示されるようです。



ワクワクがとまりません!!2度は見に伺いたいと思います。
難点は、遠い!・・・のと、往復で1200円以上する交通費でしょうか。(笑)
最寄り駅は ゆりかもめ線 の台場駅ならま正面。
みなとみらい線 の 東京テレポート駅 なら某TV局の横を通り徒歩数分でしょう。

この辺りは某TV局の他に東京JOY POLICE、VenusFort、MEGA WEB、大観覧車、デックス、人工浜など見所は沢山ありますね。ちょいと贅沢に ホテル日航東京 でランチしてから近くを散策するのもよろしいかと思います。私はあの大観覧車を見るとすごく懐かしく思います。もう12年になるのか・・とやや感傷的な気持ちになります。

まぁ私は・・・・直行直帰ですが!!(笑)

大小の師の作品が一堂にかいする機会は滅多にないことです。
目に焼き付けたいと思います。
師の天才的な書技、空間能力は到底真似できるものではありませんが、
吸収可能な範囲で得るものを得たいと思います。
廊下を1、2時間ぐらいウロウロしそうです。(まるで怪しい人)
恐らく今回の展示は、「書の中のSHO!!」といったプロ好みの作品を敢えて出していると思われます。

先月開催されたイタリアの展示会では黒山の人だかりになったそうですが、
こんな面白い話を日本側で窓口をされている会社からうかがいました。

開催3日目にある大学の教授が訪れたようです。
師の書に眼がくづけになり、その翌日に生徒を数十名か(?)引き連れ再び野尻の書を見に訪れたようです。
しかし展示されていない。
前日デジカメか携帯で撮影した作品を指さし、会場スタッフに「この作品はどこに置いてある?」と問い合わせました。
残念ながら3日間で展示作品が入れ替わっていたのです。
「見せてくれ!」「無理だ!」「どこに行けば見れるんだ!?」の応酬でちょっと騒ぎになったとか。

イタリアで展示された作品は1点に過ぎませんが、
今回は小品を主体にした24点だったと思います。
日本人で良かった!!東京で良かった!!