2011年4月24日日曜日

選挙運動=騒音人災

「日本の選挙はうるさい」立候補者のマイクつかみ怒鳴る英国人を選挙妨害容疑で逮捕 埼玉県所沢市
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110424/elc11042401060000-n1.htm
この英国人が正しいと思います。
日本の選挙は、ただ名前を連呼するだけ。
内容もなく、マニュフェストですら観念論でしかなく、自己反省もない。
日本の選挙の異常性を描き出したドキュメンタリー映画が海外でも放映されましたが、
各国で「これは選挙ではない」「この映画はジョークなんですよね?事実ではないですよね」とか「私の尊敬する日本がこんなことをしている筈がない」とか落胆を通り越した感想も当時ありました。

「こんなのは選挙じゃない」と日本の恥部として知られています。
もういい加減やめるべきでしょうが、それを続けているような候補者には票をいれる価値はないように思います。何故なら結局は旧体制側の発想であり権力者側の姿勢に他なからないからです。