2011年4月25日月曜日

消えた電源車の存在


twitterより。
sabakuinu
震災当日の3月11日、外部電源が止まり非常用電源も津波により流失。22時ごろ電源車が到着し、本店の対策本部に安堵の声が広がった。しかし、この電源車はケーブルが短過ぎて届かなかった。500メートルのケーブルが必要だったが東電にはそんな長いケーブルは用意していなかった。
36分前 Echofonから  
sabakuinu 菅直人の視察によりベントが遅れ爆発。右往左往している間に3号、4号が爆発しプラントもやられ高濃度汚染水を海に撒き散らかした。まさか「ケーブルが短いので使えなかった」とは言えず、津波による冠水と発表した東電。
34 minutes ago Echofonから

菅総理が東電を6時間も説教していたためベントが遅れたのは既に周知の事実であり、その結果1号機が爆発したことも自由報道協会により報じられてます。TVでは報じられませんでしたが・・。その意味を後から気づき(これは推測)、愚かにも数日菅総理が引き篭もりになったのは自由報道協会により報じられています。

私があの日より気になっていたのは電源車の存在です。当日TVでも報じられてました。バッテリーはせいぜい数時間しかもたないなかで22時半ぐらいがタイムリミットだったように思います。電源車が急ぎ向かっているとの報道。

「これが間に合えば最悪の事態を迎えないで済む!!頼む!!頼むよぉ!!」

両手をしっかり握り只管祈りました。
しかし、それが以後報じられなくなりました。そして爆発。

「え!?電源車は間に合わなかったの?!!でも2号機、3号機は間に合っただろう・・・」
と思っていたものの数日後に爆発。

「えーーーっ!!?電源車はどうなったの。なんで?数日も着かないなんて有り得ないでしょ!!!」

TVを見ながら絶望的な心境でうなだれていました。そして電源車の話は一切出てきませんでした。
ソースが不明確なので信用できるか出来ないかはわかりませんが、つじつまはあいます。TVは何故報じないのか?マスメディアは権力者の奴隷だからです。それにしても事実だとしたら酷い!!だから津波、冠水というワードをやたら強調してきたのか!!!単なる責任回避かと思っていましたが・・・。あー・・言葉に出来ない怒りが・・・。謝る気も、反省する気もないのですか。あー・・・。