2011年5月6日金曜日

向く人、向かない人

ロケットニュース24)
取引で失敗した息子にブチギレする母親 / ネット生放送で配信される
http://rocketnews24.com/?p=93673&utm_source=feedburner&utm_medium=feed
悲惨過ぎて見るに耐えない内容ですが見てしまいます。
経緯としてはおそらくですが、母親に1本借り(預けるだけでお金が増えるといいくるめ)、一時期は1.4ぐらいまでいったものの結局ゼロ(マイナス)になった。それまでの様子をずっと流していたようで、投稿主がPCからモバイルに生放送を切り替えようとしたら失敗して、母親の本気愚痴が垂れ流された。という感じのようです。母親はこうしたことすべてを知らないと思われます。

最近やたらとこの投資方法は広告が投下され、終いにはCMすらやっていることに驚きます。スパムメールとしても毎日のように投下され、ブログコメントやトラックバックやtwitter等でもとにかく目にしない日はないぐらいです。元ライブドア社長が実刑確定時の会見で、こうした見せしめ行為が危険な投資方法をうみ投資を歪めているといった発言をされていましたね。私はその見解を支持します。まさにあの事件以降急激に増えました。政府は野放しどころか、増長させるために規制緩和しましたし。こんな投資とも言えないようなことをするぐらいなら、馬を走っているのを見た方がましですし、宝くじ買ったほうがなんぼか健全に思えます。どっちもしたことないですが。

それにしても、このようなあからさまに無い選択肢をとる人はいないだろうと思ってましたが、世の中いるものなんですね・・・。私は小学生の時にハマったコインゲームで、こうしたことに「向かない人」だと自分を格付けし、遊びであろうと一切のギャンブル行為には手を染めていません。熱くなる人は100%投資には向かないと私は思います。中には熱くなっていることすら気づかない人も多いですが、そういう方達は向かないどころの騒ぎではないかと。

こうしたことに熱くならずにやれる人というのは実際におり、淡々と成功しても失敗しても自己規範内でやり続けられるようです。とにかく失敗しても成功してもテンションが全く変わらず浮き沈みがほとんどないんです。派手に儲けても生活スタイルは全く変わらないし。派手に損をしても「駄目だった」ぐらいでグダグダ言い訳したりしないんです。あっと言う間にリセットしてしまう。そしてそういう人はトータルで凄く儲けていたりするのですが、それ自体ほとんど意識してない。「この野郎おごれ!(笑)」といっても「先輩に奢るなんて失礼なことはしませんよ」(笑)と言って払わないし。(笑)

成功する人って、私の思い込みかもしれませんが正確に数字を捉えていない場合が多いように思います。儲けているか、損をしているか、それは桁で言うと何桁かという程度の把握しかしていないんです。たまたま私の知り合いがそうだったに過ぎないかもしれませんが。その人はかなり稼いでましたね。月の稼ぎがサラリーより多いぐらいですから。その割には他に趣味や興味がない。単純に好きなんでしょうね。報道でみた宝くじで3億を2度当てた人もそんな感じでした。生活が変わらない。当てようが、当たるまいが、同じような額を投下し、淡々と買い続けているそうです。私は無理ですね。(笑)

証券会社に務めていた知人も仰ってましたが、専門知識があるないは結構関係なく、密着した情報がどれだけあるか、それだけの人脈があるかが大きいようです。更に抜本的には向き不向きで決まる。常勝する人は常勝するし(圧倒的少数)、失敗しかしない人は失敗しかしないように思います。好きぐらいじゃないと僅かばかりでも勝ちへ持っていけそうもないですか。私なら、その僅かな儲けに日々の労力を思うと費用対効果が低すぎてやる気がわきません。(この発想時点で不向き) 

いずれにしても、我ら凡人は元手をすべて失っても生活に支障がない範囲でやらないといけませんねぇ。人事ながらあまりにも怖い映像でした。


自分の失敗を放送した人(悲鳴のみ)
上のニュースで出ている主と同一人物のようです。


TVで放送された失敗実話
やはり取り返そうという発想が全ての間違いなんですしょうか・・・。怖い。