2011年6月22日水曜日

夏到来


本日、太陽暦で夏至。
夏、至る。
まさに、夏いたりました。(汗)
室温が33.5度に到達。湿度70%。
ただ、外は湿度が低いのか爽やか。
室内の湿度も下がりだしました。

私はかろうじて扇風機も回さず過ごせています。

その秘密は、ローソンストア100で購入しておいた南極バンダナ(105円)!!(笑)
高分子吸収体の入ったバンダナなのですが、水を含ませて首に巻くだけ。自然な涼しさ。
人間にとって脇の下と首の裏はパソコンでいうヒートシンク(冷却装置)みたいなもの。
そこを冷やすだけでかなり違います。

少し高いやつでアルコール性のものも昔からありますが、私はダメでした。
5、6年前に試したのですが、つけていると吐き気をもようしてきたのです。

去年までは濡れタオルを首に巻いてました。
濡れタオルの難点は雑菌がすぐわいて臭くなる。
あと、長さが微妙で首に巻ききれないので、いちいち巻き直さないといけないとか。

無理は禁物です!!
私は10年かけて身体を慣らしましたが、経験上いきなり我慢するのは危険でした。
身体や脳がオーバーヒートしそうかどうかは慣れないと加減がつかめなせん。
昨年のように35度が当たり前、時折38度とかいっちゃうようだと慣れていても危険でした。

意識的に水分、塩分、首周りの体感体温に気を配ってないと
気づいた頃には症状がではじめてしまいました。
今年は気を付けないとねー。

夜は意識して調節が出来ないので、大人しくクーラーがよいかと思います。
夜の室温が30度を超えると30度(下げても28度)設定でクーラーをつけて寝てます。
日中クーラーをつけてないと、それでも眠れます!

ただ、身体の発熱量は個々人によって全然違うので、
自分の感覚に合わせた方がよさそうです。

野尻先生は口癖のように「暑い」といいます。
実際身体が暑いんですよね。
熱量が高いようで、かなり暑いようです。

師は夏も冬も昔から夜は素っ裸で寝ていると言ってました。
それだけ暑いのでしょう。
でも、裸で寝るのは健康にいいと昔から言いますよね。
私も挑戦したことがありますが、風邪をひきました。

あの熱量が故に、あれほど精力的に作家活動が出来るのだと実感いたします。