2011年6月28日火曜日

武田邦彦:健康をどのようにして回復するか(1) ラドン温泉の効用


健康をどのようにして回復するか(1) ラドン温泉の効用
http://takedanet.com/2011/06/post_64b4.html
(引用)
夏休みは体が頑張って増やしてくれた「被曝のキズを治す力」をフルに利用して、これまでのキズを治すチャンスと思います.
ちなみに、これまでの放射線防護の考え方では、大人が5年が一つの限度ですから、子供は1年半ぐらいが目処になります。
今年の夏休み、お正月、来年の春休みなどのチャンスをとらえて、自分で治す力を利用することが大切です。


(私見)

言い訳によく使われるラドン温泉の意味について語られております。
肉体も頑張るには限度があるので、時折長期休暇を無理矢理にでもとるというのはとても大切のようです。
そして対抗するための酵素や栄養が不足しても困るので、やはり大量に投入する努力も怠ってはいけないようです。身体がなるべくダメージを受けないように意思でもって調整するしかなさそうです。

それにしても恐ろしい時限爆弾がセットされたものです。チェルノブイリでも子供で3、4年後、大人で5から10年ぐらいが境になっているのはこうした理由からなんですか。