2012年12月8日土曜日

ing SOUND LABO:S7512:FM Transmitter

2012/12/31ma 追記

仕事の合間、頭を切り替える為に小一時間ほどドライブ。
スマホ(SB005SH)にUSBケーブルを繋いでみました。
スマホの設定を充電にしてあれば、充電されます。
ただ、USBケーブルを接続すると自動的にUSBリーダーメモリモードに。
つまり電話およびアプリケーションは全て停止する。
プレイヤーでの再生は出来ない。
恐らく、フォルダ内にMP3やWMAがあれば再生されるでしょう。

USBとSDカードではSDが優先されるようで、挿してあるSDカードが再生されてました。
とすると店員さんの認識は誤っていたことになります。
でも仕様通りの動作です。

このトランスミッターを使いスマホから再生するには3.5mmプラグに接続する。
ただし充電は出来ない。となるはずです。
この機種はケーブル優先なのでケーブルを挿すとケーブルからの音声を転送します。
この際、USBには給電されないと思われる為(テストしてません)、結果として充電しながらの再生は出来ないと結論づけられるかなと。

元記事)

私の唯一の贅沢と言えば自動車かもしれません。
贅沢と言うにはもう17年ぐらい乗っていますが。
故あって乗る機会が極端に減ったのですがタイヤを交換することになり、
ちょっとドライブを気分を盛り上げようとFMトランスミッターを購入しました。


商品名:S7512 FM Tranmitter 
内容:シガーソケット電源供給型FMトランスミッター
購入時価格:1980円
特徴:SDメモリカード、USBメモリの再生機能あり。
再生可能ファイル:MP3、WMA
チェンネルメモリ機能あり。
フルバンド。
メディア再生用リモンコン付き。(CR2025電池つき)
標準機能:ステレオミニピンプラグで接続した音声をFMトランスミッターで転送
留意事項:本体側のジャックが3.5φより小さいので市販品は使えないようです。
接触が悪く綺麗にはまらないとガサガサとノイズあり。
プラグをさすとケーブル優先となり、メディアリーダーは再生しないので、
メディアから再生する際はケーブルを抜いている必要があります。
本体:首振りヘッド
メディアコントロール用の簡単なスイッチあり。


(所見)

スマホの再生が主ですので、SDカード機能等はいらなかったのですが、
デザインが気に入ったのと、多機能が好きなので購入しました。
今となっては使わない低容量のSDカードに音楽ファイルを投入し挿しっぱなしにしております。
むしろスマホは挿してません。(笑)
イコライザー機能があるのも良かった。
スキャットマン・ジョンをノリノリで聞いております。(笑)
仕様面

仕様面アップ
内容物
袋内に交換用のヒューズもついてます。
(袋の字は自分で書きました)

リモコン

横からみた本体
ヘッドが動きます。
プラグホールがありますが、3.5よりも小さい。
出来ればケーブルはL型にして欲しかった。
着けました。
SDカードをさした状態です。
添付のケーブルを挿すと、こんな感じで出っ張ります。
(気になる点)

主な用途は移動中におけるスマホの再生でした。
店員さんの話では、スマホを充電しながら再生出来るとのことでしたが、
仕様面には充電は出来ない旨が書いてあります。

正確にはまだ確認してませんが、

USBケーブルを挿すとスマホがUSBリーダーモードになるので、
スマホの設定でUSB接続時の充電をONにしておくと、
充電しながらスマホ内ファイルを再生することは出来ると思います。

ただ、本来の使い方とすればスマホから直接再生したいわけですね。

となるとケーブル経由で音を拾うことになります。
ケーブルを接続するとUSB側の再生が止まりますので、充電は果たして出来るのか?
疑問もなくないです。
出来ても不思議ではありませんが試していないので断言は避けておきます。

短距離移動が多く、充電するほどでもないし、メディアで再生したほうが楽なので、
今はSDカードで聴いております。