2019年9月10日火曜日

WordPress:WordPressからBloggerへ引っ越すと起こること#2

WordPressからBloggerへの引っ越し


 壊れたサイトのデータをWordPressからBloggerに引っ越ししたのですが、何事も実際にやってみるまでわからないもので盲点がかなりありました。BloggerからWordPressへ引っ越したことはあっても、WordPressから引っ越したことは初めての経験。WordPressへの引っ越しは比較的楽でしたので甘くみてました。尚、この記事は2019年9月時点の話なので前後はまた状況が変わるかもしれんせん。ご留意下さい。


WordPressからBloggerは厄介


 単に変換するだけでは済みません。必ず手修正が必要になります。ちなみにBlogger出力のデータをWordPressへ移行するのは簡単です。Blogger標準のエクスポートでXMLを出力し、WordPressのプラグインでBloggerのXMLをインポートするだけ。それで終わり。

 まず、WordPressからBloggerへ引っ越す場合、WordPressの標準機能でXMLをエクスポートしても、そもそもBloggerには使えません。ずーっと読込中のまま進まないことでしょう。これはWordPressのXMLが独自のプラットフォームだからです。なのでコンバートが必須。一旦、外部ツールを使用し別な形式にコンバートするのですが、探し方が悪いのか、一発でコンバートするツールに辿りつけませんでした。今回は2段階コンバートを採用することに。

データが正常に引き継がれない


 嘗ては出来ていたかもしれませんが今は出来ません。これはツールが古いので致し方無いことです。技術は日進月歩でデータの持ち方は常に変化する影響で壊れることは当然起こりまえます。

 WordPressにおいても 更新されていないテーマ や 更新されていないプラグイン には一定の注意を払って下さい。何もしてないのに突然サイトが閲覧出来なくなったりすることもあります。常に最新の環境に合わせてプログラムは致し方なく改変され続けているので、更新されないプログラムはある日突然動かなくなったり牙を向きます。

 最悪なのが古い機能をつかって攻撃されることがあります。私は昨年経験しました。あるお気に入りだったテーマを更新されないまま使用していたら突然そのテーマの機能を使って攻撃にあいサーバーがダウン。月500~1000ユーザー、5000PVのサイト。以後の観察からも最早小さなサイトでも狙われる時代だと痛感。昨年の話です。

日付がメチャクチャ


 内容テキストとコメントは全てインポート出来ました。しかし日付・ラベルの一部メチャクチャになりました。2サイト分実施しましたが同じ傾向です。サイトのジャンルによって致命的なのが日付です。

 投稿年月日が現在のコンバートした日付に書き換えられてしまいました。全てではありません。これらは当然インポート後は手作業で修正するしかありません。全体の2~3割程度壊れてました。結構致命的ですが全てではないのが幸いです。

 これらの対策として、一次出力後に一旦データを直接修正し、二次出力で正常化というのも手です。いずれにせよ手作業は避けられません。そうしたこともあるので旧サイトも消さずにとっておきましょう。表示が生きていれば日時の確認が出来ます。

画像は無理


 この要素はWordPress間で無い場合は基本的に引っ越しできません。WordPress同士であっても完全に引っ越すのは困難な要素です。月課金してバックアップ契約をするのが恐らく最も確実に思われます。非常にデータ量の低い、サムネイル画像レベルのものだけが断片的に再現されてました。課金しない場合、画像は基本諦めしょう。

 画像を活かす引っ越しもあります。リンク貼り付けです。リンクで貼り付けてある画像は引っ越し時に影響を受けません。(画像先が無くなってしまっては仕方ないですが)ただしSSL接続が基本となった現在はこれは余り推奨されない方法になってきました。サイト内が外部サイトの貼り込みがあると警告が出るからです。

カテゴリが壊れる


 一部ですがカテゴリが壊れてました。これも手作業で修正するしかありません。しかし、日付に比べれば楽な部類です。カテゴリのことをBloggerではラベルといいますが、元々直感的に操作しやすいインターフェイスです。

結論


 WordPressからBloggerに引っ越し出来るのは、タイトル・内容のテキスト・コメント・カテゴリ です。日付、カテゴリのデータは一部壊れる。気にならない範囲なら無視でもいいでしょう。画像や動画をサイトに直接埋め込んでいる場合は諦める。といったところでしょう。

 画像に関して言えばBloggerに限らず、全く異なるサービスへ引っ越す場合も同じです。WordPressからWordPressへの引っ越しでも容易ではありません。実際に経験しましたが、大容量や大量の画像がある場合は何割か必ず壊れました。(引越し先や引越し元のサーバースペックに依存すると推測)何度やっても必ずロストするので最後には諦めました。課金サービスを利用するのが最適なんでしょうが、それはそれで完璧では無いようです。

 HTMLベースのサイトやCGIベースのcafelogのようなサイトと大きく異る点でしょう。これらは自分でバックアップを持っていれば引っ越しは右から左に直ぐ終わります。ただしエクスポート出来ない為、他の素材へ形態を変えられないデメリットがあります。何事も一長一短ですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

このエントリーをはてなブックマークに追加

(前後の記事)

人気の投稿(過去7日間)