2011年7月17日日曜日

YouTube:わたしはこう思う「倉本聰」



「慣れるってことは、希望だと思ったの」倉本聰(文字おこし)
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65751261.html

(私見)

良い意味で身の丈を知るということは確かに大切かもしれません。
「日本を滅ぼすのはどっちなんだ!?っていいたい」
「小国になっていいけど、世界から尊敬される国になりたい」
あれ以来ずっと思うところでした。
命を死地に追いやって死の大地を増やし、それで大国だって冗談じゃない。
その結果にあるのは破滅しかないのが過去の歴史をみても明らかに思う。
細かい点で異論はあるが、
どっちの道を目指すかというの点に関しては異論がない。
元々小さい国だし、人口も減っているのだから、慎ましやかで心豊かな国であったほうがいい。