2011年8月26日金曜日

EX-SKF-JP:国立環境研究所によるヨウ素131、セシウム137積算沈降量シミュレーション


THURSDAY, AUGUST 25, 2011
国立環境研究所によるヨウ素131、セシウム137積算沈降量シミュレーション
http://ex-skf-jp.blogspot.com/2011/08/blog-post_25.html
(引用)
放射性物質の影響は福島県以外に、宮城県や山形県、岩手県、関東1都6県、静岡県、山梨県、長野県、新潟県など広域に及んでいることが明らかになりました。また、モデル解析から、福島第一原発で放出されたヨウ素131の13%、セシウム137の22%が日本の陸地に沈着して、残りは海洋に沈着するか、モデル計算領域外に輸送されると推計されました。本研究成果は、Geophysical Research Letters(アメリカ地球物理学連合発行)誌の学会員向け電子版に8月11日付けで掲載されました。

(私見)

この画像を見ても理解できるが近いのに秋田 は降っていないことがわかる。
宿命という言葉が重くのしかかる。
先の記事で、最新の研究結果ではセシウム137の環境半減期は180年から320年だそうだ。
今から320年前ということ、いつ頃なのだろうか?・・・