2011年9月11日日曜日

東京新聞:SPEEDI、毎時公表へ 文科省、福島県民の指摘で (重要)


SPEEDI、毎時公表へ 文科省、福島県民の指摘で
2011年9月9日 23時41分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011090901001197.html
(引用)
 文科省によると、SPEEDIは毎時にその時点から3時間後までの拡散予測を計算。これまでは1日分の計算結果を翌朝まとめて公表していたが、福島県の住民などから「過去のデータが公開されても避難などの参考にならず、意味がない」と指摘を受け、改善したという。毎時の予測結果を20~30分後には文科省ホームページで閲覧できるようになる。
【お!】文科省、福島県民から「過去のデータが公開されても避難などの参考にならず、意味がない」と指摘を受け、SPEEDI毎時公表へ
2011.9.10 |
http://savechild.net/archives/8533.html
(引用)
12日からと言われてますが、すでに3時間ぶんの予測を出しているようです。

(私見)

ようやく!!!ようやく動き始めました。
SPEEDIが本来のあるべき用途に使われだしたようです。今日あたりは南風ですね。

巨大なシステムは動きが遅いものです。
しかし、せっかく動き出させたのなら勢いがつくまでドンドン回させる必要を感じます。

始めの一歩ですね。