2011年10月29日土曜日

Andoroid2.3.6:docomo:NEXUS ONEを使ってみた

先日機会を得て、docomoのNEXUS ONEを使いました。
「日本語キーボードが出ない」
ということで、色々いじらせてもらいました。
驚いたことに、プレインストールじゃないのですねぇ。(笑)
日本語対応しているのに、日本語キーボードが内蔵されていないとは。
それについて何のガイダンスも出ない。
これはもしやと思い、調べると
Androidマーケットに日本語IMEがw
インストールし、キーボードを出し持ち主に返しました。

ふと、
使う我々もなんでも手とり足取りしてくれて当然だと思っているふしがあると感じました。
さすが外タレ機種です。日本メーカーと違って突き放してくる!?

それにしてもdocomoのAndroidはソフトバンクと標準が全然違う印象です。

Androidは自由ですねぇ。(笑)
ここまで違うのか?とニヤニヤしてしまいました。
SBに慣れると、ドコモはわかりづらいと思ってしまいましたが、この辺は慣れなのでしょう。
これは機種固有の動作なのか?アプリのスクロールが縦でした。
これが実に使いづらい
片手操作を前提にしたのでしょうか?
片手なら縦スクロールは正解ではないでしょうか?なのかな?はて。
でも、

「ここは横だろう!?どう考えても」とニヤニヤしてしまいました。

Androidのホームとアプリの2段構えって、
最初まどろっこしいと思ってましたが、よく考えてありますね。
とりわけよく使うアプリだけ出しておけばいいので整理されてとてもいい感じです。

NEXUSのアプリ画面が気持ち悪かった。(失礼!)
縦スクロールで変に凝っているので、ズリズリ動いて「濃いなぁ~」って印象です。
私としては日常的に使うものはサッパリといきたいものです。

現代の機械ってとにかくユーザーに便利であれという思想が根底にあるので、
基本的にマニュアルなくても操作は出来るようになっているものです。
だから子供に手渡すと当たり前のようにマニュアルなしで使いますね。