2012年2月7日火曜日

EX-SKF-JP:【記録】 管政権が「存在しないこと」にした、福島第1原発事故最悪シナリオ


SATURDAY, FEBRUARY 4, 2012
【記録】 管政権が「存在しないこと」にした、福島第1原発事故最悪シナリオ
http://ex-skf-jp.blogspot.com/2012/02/blog-post_5776.html
(引用)
現環境大臣(当時首相補佐官)の細野氏が「混乱を恐れたため閲覧を限定し」存在を隠した(公式文書として認めていなかった)ことを認めた原子力委員会の「最悪シナリオ」については、「公開するかしないかが問題なのではない。情報に基づいて政府が行動したかどうか。結果、何もしないで情報だけ隠した。そこが問題。隠しただけでなく、放射能安全キャンペーンまで打った」、と以前ツイートでも書きましたが、ツイッター上でそのシナリオという名目の文書がアップされていました。

(私見)

そうですよねぇ。
ないと思う方が不自然で。
あったけど、公表しないと考える方がまとものように思います。
その上で「ただちに健康に影響はありません」とか言っているわけですから。
そしてその張本人が今の経産大臣です。
「ただちに」ということは「後はあるかもしれない」と言っていることと同じわけです。
聞いてもいないのに具体的なことを何一つ言わず「安全です」とか「大丈夫です」とか連呼しだしたら相当危険ってことになりますねぇ。