2014年10月29日水曜日

ニュース:CCCが会員情報を第三者提供へ 他

2014年11月1日T会員規約を改定いたしました
http://www.ccc.co.jp/customer/index.html


(私見)

フライング気味の公表のようですが、この場合の第三者とはグループ会社および ”T○UTA○AレンタルやTポイントプログラムなどT会員向けサービスを提供する企業” とあります。fa○eb○okといい続々と個人情報が売られる時代が到来したようです。拒否権を発動しないと自動的に組み込まれるようですが、その拒否の仕方も不便とか。こちらのカードは持ってませんがY社のサービスで自動的に付帯しているのでそっちが気になります。動かしてませんが。

”売られる”相手がハッキリとして、明示しているのはまだ良いと感じてしまうのは次のニュース。SONYが提供するスマホ、Xperiaにおいて意図しないフォルダが自動的に作成され、情報も発信されているようだというニュースがあります。個人差があるようですが。

Xperiaに中国のスパイウェア混入疑惑?
掲載日時: 2014/10/29(水) 10:51
http://smhn.info/201410-xperia-spyware

(私見)

こうしたサービスを出来るだけ切り離すようにしてはますが、唯一Googleアカウントを切り離しては考えられなくなって来ました。そうした旨もうけ、”どの国に売るかの差でしかない” とコメントを書いていた人がおりました。