注目の投稿

COVID-19:自分用にまとめ

私は医者ではありませんし、疫学者でもありませんし、医療関係者でもありません。この記事はあくまで自分へのメモであり、せいぜい近親者へ向けて警告に使用する程度のもの。拡散を前提としてませんのでご遠慮下さい。 情報量が多く挙げ句に変転するので口ではなかなか伝え切れず、伝...

2020年4月8日水曜日

2020.4.8we:情報整理

整理


今日はCOVID-19に関する情報の整理に時間を費やす。少しでも時間が出来るとついやっちゃう。勤め人時代にマーケティング部にいた。本当はまだ確定申告終わってないのでやらないといかんのですが・・・。明日かな。ほぼ終わってるのですが最後の確認が一苦労。ちなみに今年は4/16まで延期されてます。3月は本当に具合が悪かった。
なお、/17以後も受け付けると宣言されてますのでご安心を。その際は「コロナ理由で」を付する必要があるらしい。(実にバカバカしいルール)


ここ数日ちょっと怖いのは日本政府が緊急事態宣言をしたことで、海外の動向や最新の情報の流入が鈍化した点。どう変化するか注視する必要がある。というのも、ウィルスは進化速度が早い。なので時間がかかるほどに進化する可能性は否めない。(当初より言われていた)だから「俺は早期に罹患して治ったぜ! ひゃっはー! 俺の天下だ!」とはいかないだろう。インフルエンザを考えれば簡単なことだ。2度目は1度目とは比較にならないほどダメージが大きいだろう。

アメリカでこのウィルスの人造説は既に否定されている。その記事では純粋に対人間用に進化したと思われるとされ、ウィルス名の通りSARSが進化した形でほぼ間違いないようだ。ウィルスとは人間が知る由もない必要性があるのだろうか? 中国ではネズミを媒介とするウィルスで死者が出たそうだけど、そっちはワクチンがある。何より人と人で感染しない。圧倒的安心感。

集団免疫だろうが有効なワクチンが開発されるまでは解決しないと当初より言われている。ウィルスは細菌と違って単体でほとんど生存が出来ない。どうしてそんな存在があるのか? 話は違うが、私の好きな漫画「寄生獣」はその初期形態からしてやはりウィルスをモチーフにしているような気がする。内容もそれを想起するものだ。

今夜は風呂に入り少し筆をもってニュース総覧して寝よう。春眠暁でもう既に眠い。この睡魔は311の10月以後から始まったが今でも治らない。睡眠外来に数年通ったが原因は結局不明だった。医師曰く「眠い場合はとことん眠った方が良い」そうです。それしか解決策は今のところ無し。

政府の本気が酷い


それにしても内容が酷い。びっくりした。想像を遥かに上回る酷さ。例の30万円は国民の18%程度しかせいぜい該当しなそうだし、そもそも自己申告。申告する数も限られるだろうし、恐らくだが今回の検査騒動同様に基本難癖つけて門前払いする気だろう。何せ払いたくない側からすればどうとでも言い訳が出来る。自分達は嘘、証拠隠滅、改竄、何でもござれなのに。寧ろ自分がそうだから相手もしてくると思っているのだろうが。

事業規模?真水?はっ?


私も「事業規模?真水?え?何を言っている」と思ったが、案の定。この動画が分かりやすい。ほんといい加減にしろと言いたい。でも、国民が支持しているのだから実にブラックだ。

動画より

手袋の重要性


手袋をしている人が凄い少ないのはマズイ。マスクもそうですが、手袋だと思う。医療従事者じゃない限り綿手袋や軍手でいいいと思うんです。ましてやポリエチレン製のとかゴムもあるし。安いし。外から帰ったら毎日換えられるし。洗えるし。最悪、洗わなくとも5日も放置すれば理論的にはウィルスは死ぬはず。マスクあたりは洗うとヘタリますのでね。最も、ウィルス濃度の濃い従事者は別ですが。普通はそこまでペタペタ触らない。

ウィルスの物質表面での生存期間はとても長く日常に溢れている樹脂製品の上で3日程度は生きていることが確認されている。空気中は3時間だそうだが、それも幅があるでしょう。何れにせよ条件差を考慮に入れる必要がある。ウィルスの付着した物質を手で触り、その手で顔を触り、目や鼻、口、侵入する。(肛門もトイレであると思う)3密が揃う場では髪の毛はかなり用心する必要がありそうだ。イギリス等では当初より「顔を触らるな!」と警告があった。日本では余り聞かない話だ。

手からの機会の方が遥かに多い。私はインフルエンザの予防で実感していた。手袋のありがたみ。特に顔と髪の毛は無意識に触ってしまうもの。3月末時点で中国武漢からの報告を掲載した記事にも、手から目・鼻・口へ移行し感染したと思われるケースが90%とあった。4月3日アメリカから専門医は99%手洗いで防げるとテレビで言っていたそうだが、それは正直多すぎな気もする。何にしても民間人はほぼ手からだと思う。空気感染もするとは既に言われているがけして多くないと言われている。3密案件はコレだろう。じゃなきゃ、こんなもんじゃない。

3密条件が特に重要になるのは、医療関係者や介護関係者が特に影響するだろう。なので一般人はそこまでマスクに神経質にならなくて良い気がする。もっとも勤め人で、外で他人と会話する時は必要だろう。お互いかけていると、まずあれで感染しないと武漢からの記事を読んだ。

一般的な不織布マスクは直接的な飛沫とホコリやチリ、今なら花粉に付着したウィルスを防ぐだろう。布は飛沫のみ。裏を返すと会話をしないのならソーシャル・ディスタンスを維持すれば問題ないと言える。3密に該当する場所や、業種によってはウィルス濃度や曝露する機会が多いから、フェイスガード・N95以上相当のマスク・防護服・医療用手袋等が必要になってくる。考えてみると恐ろしいものだ。「ある」のが当然の中で過ごすのだから。

そうした場所や職種と縁遠い一般人なら、普通の手袋でいいからしたほうがいいと個人的には思う。でも、その手袋で顔は触らないように。手袋をしていると無意識に触らなくなるが、同時に、手袋に慣れると今度は触るようになる。(経験者)あと、手袋をしているのだから手は洗わなくて平気なぞという超理論はあり得ない。当たり前だけど手も洗う。手袋もマスクと同じで毎日変えるし、洗う必要がある。当たり前。それあっての手袋。とにかく接触する機会を減らす必要がある。その為の手袋だ。

マスクと同じで手袋の扱いも注意する必要がある。小池都知事なんぞガッツリとマスクを触ってて笑ってしまった。まるでコントだ。マスクはゴム紐以外触ってはいけない。位置調整もゴム紐を引っ張ってする。ノーズ部分は最初にやって、一度装着したら後は諦める。手袋も同じで、外側以外は触ってはいけない。正しい医療用手袋の脱着方法がショートムービーで沢山あるので、やりやすい方法を参考にするといいかも。なんとなくでは防げない。着実にやるしかない。書と同じ。歯磨きと同じ。なんとなくやっている感が油断するので一番怖い。歯磨きも、年とると鏡を見ながら着実にやらないと一気に悪化する。

やっぱり書き出すと長くなるなぁ。明日からはもう少し短くしたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿

このエントリーをはてなブックマークに追加

(前後の記事)

人気の投稿(過去7日間)