2010年1月24日日曜日

twitter

写真家の浩義氏とインターネットの今と今後について昨夜は熱く語り合った。
私の現在の結論としては、生物の偉大さ素晴らしさ不思議さと比べたら、インターネットやその産物なんて玩具にしか思えない。
このサービスもそうだ。
だが、安易に否定し無視するのは簡単である。
少なからず私はこの関係の世界に生きている。
となれば、結論は見えていた。
私の場合は踊るのもまた仕事のうちであり、遊びのうちか。

にしても、
益々お年寄りには不便な時代になっていくなぁ。
明日は我が身なのに、これでいいのだろうかと思えて仕方がない。