2011年3月24日木曜日

投票用紙が届く

そうですか・・・
やるんでのですか・・・
この状態で・・・
そうですか・・・
正気なのですか・・・。
残念ですが、仕方がありません。

であれば、
私は現職の知事を選ぶでしょう。

この状態でなければ東さんに投票したかった。
口蹄疫関連での氏の働きは本当に県民のためを思い全力だったと感じました。
信頼できる政治家に思いました。
そしてブログやtwitterの記事を読み続けると、
知事に挑む理由は十分に理解できるものでした。
しかし、この状態であれば話は別です。
この状態で引き継ぎは無謀に思えます。
機械ですら、大変です。某銀行がトラブっているように。
人間なら尚更です。
ハイそうですか、というふうに口では言っても実際にはそうなりません。

現職であれば、2期務めたこともあり手に取るように部下を動かせるでしょう。
既に一定の信頼も構築されているでしょう。
政府へのパイプもあるでしょう。
年齢的、性格的にもヤイノヤイノ言えるでしょう。
でも、新人ではそれらはゼロからのスタートです。
あまりにもリスキーに感じました。

そうですか・・・やるのですか。