2011年3月24日木曜日

支え、支えられ

アイスが食べたくなったので今日買いに行きました。
隔週に1回ぐらい食べたくなる私です。
トイレットペーパーがお店によってはいつも通り入荷しつつあるようだ。
ただし、いつもより若干高いところも少なくない。

1,5や2リットルの水、お茶、烏龍茶、スポーツドリンクひいてはサイダーすら売り切れ。
少し笑ったのが、コー○とベジタブル系飲料だけが大量にあるという不思議。
ウォーキングしていて気づいたのだが、自販機にいたっては水だけが全部売り切れ。
その華麗なる赤点灯に妙な感動をおぼえました。
ですが、
米はいつの間にか平常通り。
日曜あんなに混んでいたガススタンドも。
「売り切れ」と張り紙があり閉鎖されたスタンドも平常再開。
パンも完全じゃないものの半分ぐらいはある。
それどころか、一気に仕入れ過ぎたのか賞味期限切が間近で値引き価格が多数。
「これ、売れ残ったら捨てるのかなぁ・・・」と、ふと頭を過ぎる。
Y社のパンだから一瞬躊躇したが、
「ま、菓子パン買うのは半年以上ぶりだしエエっか」と3種類ぐらい手にとる。
買う口実のようなものだ。(笑)
先週なかったキャベツ、白菜等の生鮮食品が何事もなかったように揃っていた。
キャベツは2週間手に入らなかった。

飲料は昨日の水騒動が原因なのは来る前からわかっていました。
出来れば乳児のご家庭へいっていると願いたい。
ちなみに今日は安全圏に下がったとのこと。これは東京都の話だ。
今日は都知事と副知事が水道水を飲むパフォーマンスもされたようだ。
浄水施設に急遽活性炭を仕込んだり、都が対応を施した効果もあるだろう。
その為に昨夜は都知事選討論会に遅れていた。(結局間に合わなかったのかな?)
あの年齢で本当によく頑張っている。
対応がはやく効果があると安心する。
しかも、その上で乳児以下へ向けミネラルウォーターの配布も開始されている。
関係者の皆様にはありがとうございますと言いたい。
こうしたことは決して簡単なことではないのだと思います。

日本への支援を表明した国は135カ国にのぼったようだ。
そうした背景には政府の働きかけというより、NGOやNPOによる地道な支援活動が実を結んでいることが少なくないと報じられていた。そう思う。その点が大きいように感じる。本当にありがたい。これは日本の百姓スピリッツそのものだ。これぞジャパン!!

改めて多くの人々の働きかけにより今の生活が支えられているのだと感じます。
それをどう感じ、どう変化を生むかは個々によって違うだろうねぇ。
ましてや後々にどういう結果を生み出すかは誰にもわからないのだろうなぁ。