2011年5月26日木曜日

最早数値の発表すらない・・

福島産のキャベツやホウレンソウ、出荷停止解除
http://www.asahi.com/politics/update/0525/TKY201105250319.html2011年5月25日19時53分
       
菅内閣は25日、福島県産の野菜の一部について、出荷停止の措置を解除した。福島県新地町、相馬市、南相馬市の計画的避難区域を除く地域で生産されたホウレンソウやキャベツなどが対象。国の暫定基準を超す放射性物質が検出されたため、原子力災害対策特別措置法に基づき、出荷停止措置をとっていた。福島産のキャベツやホウレンソウ、出荷停止解除

・・・何ベクレルかの数値発表すらない。
選択の余地すらない。
その中で、既に始まっている?と言われる低価格品での産地偽装問題。

この内閣は、日本の生産者は、本気で日本人全てを潰しにかかってきたのですか。
まだ事態収束の目処すら立っていないのに。
あんまりだ!!

もう、政府がどうだとか言っている場合ではありません。
政府が国民を本気で始末にかかるなら、自ら防衛するしかありません。
西日本か、それ以南、海外のモノを買って生きていくしかありません。
日本の食卓・・・崩壊ですよ。
でも、日本が崩壊するよりマシ!!
生きて、健康でこそ!!!
痛いニュース
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1627666.html
彼らの方がまだ事態の深刻さをわかっていると思う。
とにかく、出来ることを着実にするしかない。
検査されていないものは買わない。
食卓のメニューを変えてでも命を守る。