2011年5月30日月曜日

安全な放射線量などない

110527 矢ケ崎克馬琉球大名誉教授インタビュー

 

 

 

 

 


Video streaming by Ustream

これを見るとオッサンの私でさえ、躊躇するものを感じます。
やはり努力を怠ってはいけないと身の引き締まる思いです。
可能な限り浴びないに越したことはない。それが放射能。
ましてや子供たちなんて尚更なんですね・・。

そういえば文科省発言に騙されている人も多いような気がします。
あれは1mSvを努力目標と位置づけただけ。一見譲歩したかのように誤魔化しています。
努力目標に達成義務はありません。つまり、努力しましたが20mSvでしたでも通ります。
つまり、何も変わっていない。目先をかえて抵抗勢力のガス抜きをしただけ。