2011年5月15日日曜日

川内・辻議員主催の原発勉強会メモ書き

「・」はビデオからメモとして書き出し、まとめた内容。
「※」は私が別な記事やビデオで聞いた補足や私見です。
(数字)は、YouTubeのビデオが1から6まであるため、そのビデオの数字です。ズレてたらスイマセン。
1から4までが武田邦彦氏の講義。4の中頃から民主党議員の質問タイムで5の途中まで。
5の2分から7分まで音声がきれている。
6はフリージャーナリストの岩上安身氏による報告。これほどの重要な講義と決議内容に対しマスメディアの取材なし。地方新聞1社とIWJのみ・・これが日本の現実。

線量等の基準)
・国際基準は1mSv(2)

・自然放射線量は高いところで1.4mSvあるのでこのラインは大丈夫というか諦めるしかない。(4)

・日本は1から20mSvにしようとしている。(2)

・100mSvとは1:1で癌になる線量。(2)

・20mSvは1億人中5000人に一人が癌になる確率の線量。(2)

・1mSvは1億人中10万人に一人が癌になる確率量。(2)

・250mSvは急性障害をおこす可能性の限界値。今の福島での作業員の皆様・・・。(2)


※放射性物質の量はベクレル。なので食品などはベクレル表示。
※ベクレルから線量におきかえ計算した結果がシーベルト?
※1Sv(シーベルト)=1,000mSv(ミリ・シーベルト)=1,000,000μSv(マイクロ・シーベルト)
※東京日野市では昨年約0.1μSvで、5/15現在は同じ。レベル3/15あたりは飛び抜けて上がった。
※自然放射線は体内に蓄積しない。(一部例外もあるようですが普通の場所にはない)それは進化の過程で排出されるようになったから。
※人工放射線(原発、原爆)は蓄積し排出されない。自然界に元々なかったから。


赤ちゃん)
・赤ちゃんは3倍放射線への感度がある。(3)

・自分の吸気で吸収し、更に母乳で吸収する。(3)

・自分+母乳×3=大人の6倍の量を体内にとりこむことになる。(3)

乳幼児)
・砂遊びをさせない。(3)

・移動時は大人がダッコする。(3)

子供)
・給食は放射線量に問題がないようにすべき。現在は地産地消にコダワッていることが危険。(3)

・給食はカロリー表ではなく、被爆表を出すべき。(3)

知識・思想)
・セシウムはしばらくすると水溶性になってしまい土壌汚染が始まる。水溶性になるまえに除去することが大切。チェルノブイリは乾燥しているので20年で20cm程度しみたが、日本は露もありもっとしみる。(3)

・日本の原発思想は、何かあったら付近の住民の被爆で贖うことが肯定されている。(4)

・チェルノブイリ当時、0から6歳時は甲状腺癌が出た。10から12歳の子供な何も出なかった。しかし後に大人になって子ども産めない女性が出た。胎盤が厚くなり、酸素不足になっていた。それは羊膜をつくる遺伝子が放射線により傷ついたため。例は少ないが無視は出来ない事実。(4)

・黄砂がきて雨が降れば下に落ちる。階下は掃除しなければ残る。上にはない。火山灰と同じで、噴火中は外が汚染されている。雨が降れば家の外壁やなかが汚れる。だから掃除をすればいい。

・東京空気中は当時0.8μSv、浅草の道路2mSV、落ち葉がたまっている所や雨樋の下4mSvと出ており理屈通り。(3)


・IAEAと日本政府発表の差異の意味。IAEAは表面を図る。日本はスコップで掘る。違いがあり、正しい、正しくないの問題ではない。当時IAEAの調査でわかったのは、まだ表面に危険値あるということ。(3)

※しみることで汚染は長期に渡り広がる?
※IAEAは基本的に原発推進組織。チェルノブイリ事故でも過小評価していた。(武田氏曰く、当時の学問レベルでは正統であった)そのIAEAにすら勧告されて無視する日本はやはり殺人的政府に思える。


対策)
・放射性物質は水で落とせる。(2)

・室内、室外を除染する。早いほうがいい。放置しない。何度でもやる。(2)

※除染とは水で落とす。濡れ雑巾でぬきとる。雑巾は袋にいれて捨てる。まるで昔の日本人がしてきたことそのものですね。 (うちには大量の古着があった!!今こそ彼らを使う時か!!)
※掃除機等は放射性物質を撒き散らすだけ。内機循環型はまだましかな?うちのは循環型。

・放射線量が多い日や、風向きが自分の行く地域に向いている時はマスクが有効。マスクは新型インフルエンザを防ぐN95のマスクがあればよい。吸入されるプルトニウムは0.3ミクロンで新型インフルエンザより大きい。(3)

※でも使ったのは捨てなければいけない。
※使い捨てマスクは無意味?やらないよりマシなレベルかな?
※雨の日は出ない。どの雨雲にどれだけ含まれているかは神のみぞ知るから。ピンスポットでたまたま大量に含まれている場合がある。それを予測することは不可能なため。出ざる終えない場合は帰宅後に風呂やシャワーで体を除染する。服や鞄も濡れ雑巾で抜き取る。

放射能)
・上から煙で出てくるのが、ヨウソ、セシウム。(4)

・下から出てくるものが、ストロンチウム、プルトニウム。(4)
※この4つを覚えておけばよいとのこと。

海洋汚染)
・小魚にはすぐ結果がでるが、マグロ、鰹等の中型の魚に現れるのは2ヵ月後。今なら食べても平気だが(2011/4月)、それ以後に結果が出る。(4)

・海洋汚染は人類初体験なので、何がおこるかわからない。モニタリンクを詳細にして注意を喚起すべき。(4)

福島の対策)
・どんどん除染した方がいい。そうすれば、後に日本は福島を放置しなかったとアピールにもなる。

・蒸留塔をすぐ建てるべし。汚染を濾過する技術はある。海に汚染水を流さないで済む。(3)
※あるんかい!!なんでやらんねん政府!!

・農地は耕したら終わり。混ざるから。(4)

・本当なら植えない方がいい。(4)

・露の前に表土をとる。(4)

・井戸水はのまない。わからないから。(4)

・概念としては、福島原発の中にあったものは中にかえす。外に拡散しない。(5)


・土は入れ替えするのではなく、表層をとればいい。(3)

・とった土は倉庫に一括保管すれば管理もできる。(3)

・汚れていない瓦礫はないから外に出さない。(5)


・北海道に瓦礫を運ぶ案があるが、北海道を汚染することになるから、やめて頂きたい。(5)

・地産地消しない。(5)

・野菜も売らない。(5)
※(5)の2分から7分あたりは音声が切れてる。