2011年5月26日木曜日

日本崩壊

(武田邦彦)国を失った日本人(2) 空中分解した国、子供を被曝させる
http://takedanet.com/2011/05/post_6c14.html
福島原発の事故が起こってから国は、
1)   外部からの線量の限度を、1年1ミリから1年20ミリにした(内部はわずか2%の査定)、
2)   水の限度を10ベクレルから300ベクレルにした、
3)   食材は魚を含めて急遽決めて、コメも含めて約500ベクレル(キログラムあたり)(魚は2000,コメ500、野菜300など)、
から、少し前のブログに書いたように、
「国を信用して、基準値を守る生活をすると、子供の被曝は1年に50ミリシーベルトになる」
というきわめて過酷な状態になるのです.
(中略)
本当に国は、1年20ミリとか50ミリで良い、「法律を守っている」と思っているのでしょうか?
・・・・・・・・・
実は違うのです。5月25日、「国」の原子力保安院は、「被曝について法律違反をした」という理由で東電を厳重注意処分にしました。
(略)
私たちは国を失いました.税金は払わなくて良いでしょう.そのぐらいの常識は、訴訟になったときに裁判官も理解すると思います.
その理由、
1)   【文科省】 外部被曝だけで1年20ミリまでOK。
2)   【厚労省】 食材も入れて1年50ミリまでOK
3)   【経産省】 1年1ミリを越えると厳重注意
一体、これは何でしょうか?
完全な国の空中分解です。
(中略)
・・・・・・・・・
このほか、保安院は「日本国の法律」に基づいて、次のように東電に注意をしています.
1)   一般人の基準が1年1ミリということを忘れたのか!
2)   職業人の被曝は1年20ミリ(3ヶ月で5ミリ)ということを忘れたのか!
3)   職業人が働く管理区域では、線量計の携帯、内部被曝の管理が必要だと言うことを忘れたのか!
もちろん、日本では法律は一つですから、福島県や自治体は、
1)   一般人(それも子供)を1年1ミリ以上被曝させている、
2)   管理区域の人に線量計も内部被曝の管理もしていない、
3)   それが現実なら、法律を守る立場から、除染に全力を挙げなければならないのに、限度を上げて被曝させている、
また、練馬区役所(ホームページは改正されたようです)、松戸市などは、「1年100ミリまで大丈夫です」と言い、法律違反をしています.
ある真面目な地方公務員から私に「1年1ミリという法律を教えてください」と依頼が来ました。とても正直で真面目な人なので、この質問は良いのですが、やはり法治国家ですから、国が空中分解していても、公務員は法律を守って欲しいものです。 
でも、もう国は無い! 自分で行こう!
え・・・こんなに目茶苦茶なんですか。
でも・・・そうなりますか。
えぇ・・・・。
なんで政府はまとめないの?
関係なくないでしょ?
菅総理はなんで思いつきで自然エネルギーで20%やりますとか唐突に言っているの?外で?
内がこんな状態なのに?
そんな場合なの?
もう何がなんだかわからなくなったの?
何なの?
一体全体どうしたの?

上が完全に逝かれたことだけは理解できました。