2011年7月18日月曜日

SAVE CHILD:【動画】東京都議会一般質問『下水汚泥汚染問題と食の安全確保』柳ヶ瀬裕文氏「1日、3.9億ベクレルが行方不明」

【動画】東京都議会一般質問『下水汚泥汚染問題と食の安全確保』柳ヶ瀬裕文氏「1日、3.9億ベクレルが行方不明」
http://savechild.net/archives/5395.html
(引用)
てつもない量の放射能、放射性物質を扱っているわけですが、ポイントは、放射性物質は焼却してもどこかに消えることはないということなのです。その姿が気体になったり、固体になったりはするものの、トータルの放射能量、これが減ることはありません。つまり、この汚泥に存在した二十一・五億ベクレル、焼却灰となって捕集した十七・六億ベクレル、この数字を引いた一日三・九億ベクレル、これが行方不明となっているのです。どこに行っているかわからない。都は、この三・九億ベクレルがどこに行ったのか、これを合理的に説明することができるのでしょうか。
7月8日 東京都の下水汚泥施設での放射性廃棄物焼却で出る排ガスの安全性について 小出裕章
http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/07/17/yanagase-jul-8/
(私見)

都民としては気になっていた下水汚染問題と食の安全確保は
なんとかして頂きたいとことです。
こうしたことがキッカケとなって大きくうごきだして欲しい。
東京が動けば日本がかわるように思います。