2011年8月7日日曜日

武田邦彦:お米の問題  玄米好きの人には申し訳ないが

お米の問題  玄米好きの人には申し訳ないが
http://takedanet.com/2011/08/post_0cae.html
(引用)
セシウムは胚と糠層に貯まります。土地が5000ベクレルなら、その3%から5%は玄米に入りますから、250ベクレル(キログラムあたり)のお米ができるでしょう。
でも、その多くは胚と糠層にありますから、現実的には今年とれたお米を精米した白米は100ベクレルを切ってくると思います。


FRIDAY, AUGUST 5, 2011
「混乱の秋収穫期」:田の稲わらはやっぱり鋤き込まれていた

http://ex-skf-jp.blogspot.com/2011/08/blog-post_1247.html
(引用)
立命館大学名誉教授で放射線防護学が専門の安斎育郎氏が言う。
「これから米の汚染は必ず出てくるでしょう。なぜもっと早く土壌だけで なく、水田の検査をしなかったのか。セシウムは水溶性なので、土壌を調べるのと、水を引いた田を調べるのではまったく違う調査結果が出る可能性がありま す。また汚染は関東、北陸、東海地方にまで拡大しているので、広い範囲でチェックを行うことが必要です。稲が吸収したセシウムは主に玄米に留まり、籾殻や 糠などに高い数値が出ます。これを精米し、白米にするとグンと落ちますが、低線量の内部被曝に弱い児童の給食などに用いられると、白血病やがんなど深刻な 疾患のリスクを高めます」
(私見)

そうですか。今年とれる玄米は止めたほうがよさそうです。
産地を選んでもリスクを背負うことには代わりはないわけですね。
玄米の美味しさに慣れると白米は甘いだけで美味しくないんですよねぇ。
ま、仕方ありません。
九州産の玄米をゲットするか白米にするか輸入パスタにするか
それでもやれることはありそうです。