2011年8月14日日曜日

武田邦彦:毎日のわたしの3 鶏小屋の2階

毎日のわたしの3 鶏小屋の2階
http://takedanet.com/2011/08/post_aafa.html
(引用)

人間に人生をかけたいこと、本当に人を愛しているときなどには「細かいこと(鶏小屋の2階が自分の住処)」には気がつかないということです。私もあまりに夢中になっていると部屋の温度がわからないという性質があり、暑さも寒さも感じません。
(私見)

27時間TV内の「ホンマでっかTV!?」枠で仰られてましたね。
この考えは実に素晴らしく感動しました。
いかに自分がつまんないことを気にしている=本当にやりたいことがない。
ということを気づかせてくれます。