2012年1月7日土曜日

SAVE CHILD:【汚染】1月2日に急上昇した福島市のセシウム降下量が徐々に下がってきました 2012.1.7

1/8:チェルノブイリのかけはしの記事を追加。

【汚染】1月2日に急上昇した福島市のセシウム降下量が徐々に下がってきました
2012.1.7
http://savechild.net/archives/14665.html
(全文引用)

まだ油断はできませんが、1月2日に急上昇した福島市のセシウムの降下量が徐々に下がってきました。以下は福島県HPで公表されているPDFより。 
▶定時降下物環境放射能測定結果(暫定値)(第10報)
(2012年1月7日 16:33)
チェルノブイリのかけはし:大人のいない国
1月 8th, 2012
http://www.kakehashi.or.jp/?p=5083

(引用)
北海道は吹雪で、風が吹きまくっています。
埼玉の内部被曝を考える会の川根先生のお話では1月6日、0.45マイクロシーベルト/h。1/7で、0.15/hまで下がったとのことです。もし、また上がってくるようなことも想定に入れておいたほうがいいかと思います。 
北海道の帯広あたりで二倍の空間線量出ていました。子供達は外に出したくないですね。数値がさがったとはいえ、あちこちに付着している可能性があり、また何かでまいあがったりしそうです。 
この放射能がどこからきたのか、瓦礫由来なのか4号機由来かなんなのか。
多くのみなさんが疲れはてたのではないでしょうか。
政府も知らんぷりだし、東電も会見で「わかんないもん」って感じで。 
先生のいなくなったクラスで、生徒だけで、こうじゃない?ああじゃない?何組のあの子ならわかるかも?と聞きまわっているような情けない感です。
漂流教室という楳図かずおのマンガがありましたね。
私たち一人ひとりが強い人間になるしかありません。