2012年2月15日水曜日

野尻泰煌:処分のすすめ

師に「今年は捨てる年にしてる。マッちゃんもそうしたら?」と言われ、
ふと触発されて色々と整理する方向性でいこうとシフトしております。
とはいえ、先生のようにはいかないのですが。(笑)

以前、師からこんな話を伺いました。

「整理しようと考えている時間は無駄だよ。
さらに整理するための時間をつくることも無駄だよ。
片付けなんて必要ない。
僕に言わせれば遊んでいるようにしか見えないね。
趣味のようなものだよ」
「でも整理しないと仕事にしても能率が著しく低下しませんか?」
「そうじゃない。
整理をしなくていいという意味じゃなくて、
整理というものは、日常の歩みの中で自ずとやるということ。
『整理しなきゃ』とか、
『いつ整理しようか』とか考えたり、計画したり、
整理のための時間をわざわざ作ることが無駄な時間という意味だよ。
そして整理とは捨てることだよ。
今いらないものはとにかく捨てる」
「捨てた後で『しまった!』ってことあるじゃないですか。
あれが嫌なんですよねぇ。
だから色々考えちゃってなかなか捨てられない」
「必要になったらまた買えばいいじゃない」
「勿体なくないですか?」
「マッちゃんねぇ、その発想そのものが己の資質を全て左右しているよ」
「どうせ私は(笑)」
「それ。『どうせ』といって行動を疎外するでしょ。
それが観念に通じるんだよ。
『どうせ』じゃなくて、まずやることだよ。
人は行動の後にしか結果はついてこないよ。
まずは動くことだ。
動いた後、結果を振り返ってみて己の後ろ姿をみる」
「やりたくなければ?」
「やらなくていいんだよ」
「部屋荒れますよね」
「荒れるままにしておけばいいじゃないか」
「それじゃ困りませんか?」
「困るならやればいい」
「あー・・なるほど」
「やれと言われたからやるのも観念だよ。
『汚い』『嫌だな』と思うか思わないかの境界にきたらまず動く。
自ら立ち上がってくるものだけで行動を起こす。
これが芸術表現にもつながる。
だから一事が万事で人の日常を見ただけで全てわかるというわけ。
整理しようと考えている時点でしれている。
そして整理とは捨てることだよ」


「整理とは捨てることと見つけたり」ってとこでしょうか。

先生なら処分業者よんで費用に関係なく半日もかけずに捨ててしまったりするのでしょうが、
なかなかそこまで割り切れない。(笑)
私は私で楽しみながら処分していこうと思います。

本は売るとして、
どうしてもとっておきたいモノもあるんですよね。
読んだら負けです。

以前、売ろうと2日がかりで整理したことがあるのですが、
読みだしたら止まらなくなり2日とも読書で過ぎて挙句処分できませんでした。(笑)

捨てるプロの方の話によると、やっぱり直感みたいなもので、
瞬間的に愛着というか、愛情というか感じるものは無条件にとっておいて、
それを感じないものは右から左に捨てる。
それを繰り返し絞ると間違いがないようなことを聞いたことがあります。

今回、本はそれでいこうと思います。

最大の問題はパソコン関係。
自分で組み立てのが2台。ミドルタワー。XP
ショップのBTOが1台。ミルドタワー。Win3.1
購入したマイクロタワーが1台。Win98
これまた購入したスリムが1台。XP
マックちゃんが1台。漢字Talk7.5(笑)
いただいたノートPCが2台。うち1台は再起不能。Vista
自分で初めてかったB5ノートが1台。Win95
多いなー。(笑)

一般の方はパソコンは購入と同時に譲るか、売るか、処分するかしたほうがいいですね。
以前はOSの関係でソフトが使えなくなることも多々ありました。
その為やむおえずとっておき、そのソフトを使う時だけ起動させておりました。
実際のところWin31と95以外は1年に1度は使わざるおえず使ってました。
マックちゃんも3年前までは現役でした。

さて、整理ですが
XPで動かしたほうが安定しているソフトというのも少くなくなく、
Vistaとかで動かすとまともに動かないことが多いんです。
結構キーになるソフトなのでXPの2台はとっておくとして、他はもういらないかなと考えております。
改めて考えるとPCの処分ってどうするのだろう?
ってところですが、1台ぐらいなら正直バラバラにして燃えないゴミと燃えるゴミでよいのかなと。
スチール製のケースはグニャリと曲げて小さくする。
こういう時、プラはいいですね。ハンマーで「ギャハハ」いいながら殴るだけですし。

有用な活用してくれる方はいないものかなと思ったのですが、
ものが古く、ほとんどジャンク品同等なので処分しかなさそうです。
ググってみましたが、こうしたものを集めている業者は結構あるようですね。
バラバラにして、プラと金属等にわけ再利用するようです。持ち込みは回収費無料とのこと。
目星はつけました。
元手がタダなので成り立つ業種なんでしょうかね。
まとめて処分しようかと思っております。

ただ困った問題も。

21のCRTって無料ではどこも引き取ってくれないんですねー。
どうやらTVもそうらしく、21インチ以上は有料という業者が多いようです。
以前は大型ものを扱っていたようですが、何かあるんですね。
こればっかりは有料で処分してもらうしかなさそうです。
NANAO最後の作品(?)77Fも遂に手元から旅立つ時が間近です。
CRTは2台とも映らなくなるまで使い倒しました。
13年ぐらい使いましたか。良い製品は大事に使えば長持ちしますね。
よく働いてくれました。感謝です。

まずはパソコン関係、それから本を処分かな。
そうだスキー道具も処分しないと。
結構あるんですよねぇ。

とにかく物が多い。
好奇心が旺盛なので色々増えました。
購入する時点で捨てるべきでした。

ビデオデッキも一杯ありますね。
VHSって凄くてまだ動きますよ。(笑)録画、再生、巻戻、全て正常です。
長いものでもう20年ぐらいたちます。使えるものは置いておきます。
それに引き換え、Hi8のデッキなんて12年ぐらいでヘッドがパーになってしまい、映りません!
まー当然なんですけど。(笑)ヘッドの寿命は、もって10年だそうですので。
ヘッド交換って10万ぐらいしたんじゃないかなー。そう考えると馬鹿馬鹿しくて交換できません。
とはいえ1台は修理しておきませんとHandycamでとったビデオが全部見れなくなってしまう。
いつか修理しないとなぁと思いつつ、そのうち修理出来なくなりそうですね。
うーん無駄が多い・・・。

ここまでくると師の言う言葉が重くのしかかります。

「皆は本当に無駄が多いねぇ。
それで楽しんでいるのかと思ったら、
ブツクサ文句言うわけでしょう。
不思議だねぇ。
遊んでいるようにしか見えないよ」
確かに・・・。自分が大きな子供に思えてきました。
「それでいて『野尻さんは子供のようだ』とか言うんだから。
どっちが子供かわからないと思わないかい?」
確かに!!(笑)

昔と違い、最近は物が多いと気が重くなります。
これからは出来るだけ少くしていき、身も心も身軽で生きたいなと感じております。