2013年1月23日水曜日

人の話を出来るだけ受ける

今年の私の一つの方針です。

なるほど、齢を重ねると新しい情報に興味がいかなくなるものだと最近思う。
これは実に当たり前のように訪れた。
驚くほど興味がなくなる。
これは死へ向かって肉体が準備に入ったことを意味するだろう。
成長から、死へのシフトチェンジが行われた。
なので当然のことである。

ただしそれをヨシとするわけにはいかないようだ。
芸術の端っこにいる人間として、
それを受け入れることは鈍くなる自分を受け入れることに通じる。

師は言う。

「鈍感じゃー・・・・困るよ!!
 芸術に携わる人間は常に最先端の感覚をもっていて当然だと思うんだよ。
 知識の話じゃないよ。
 よく、皆が言う”知っている”ってやつ。あれとは全然違う。
 先端の感覚だよ。
 その為には鈍くちゃー困る。
 興味がなくなってきたというのは、感性が鈍化している証だ。
 年齢に任せていては、一方的に鈍るだけだからね。
 ここは構えでもって統御しないと。
 芸術でよく言われる、”枯れる”と”すがれる”は真逆の意味なのは言ったよね。
 すがれたら芸術は終わりだよ・・・」
「は、は・ひ・・・」

まーこの時の先生の圧力ときたら・・・怖い怖いw

そこで、その方法として常に他人の言うことに耳を傾け積極的に興味が全くなくても、とりあえず動いていくことが大切なようです。昔の人は言いました。

老いては子に従え。

受け入れる姿勢が大切いいます。
このままだと興味を得る機会は減りますから。
それにしても危機感を感じるほど、
関心が薄れ、
記憶力が低下しております。(笑)
生まれ変わったつもりでゼロから関わっていこう。

蛇足)

先日は、香りが好きだという営業さんから某柔軟剤の話を聞きました。
大変香りが強く、フワフワになるそうです。
冬のバスタオルのガビガビときたら、テンション下げリますよね!(笑)

そのメーカーは別な機会でも同じようなことを言っている方がおりなんとなく覚えていました。
ダウニーという会社です。
私個人の意識としては全く目に入らなかった製品群になります。
興味はないのですがこれも機会です。購入してきました。
どういう香りかわかりませんが、感でエイプリルフレッシュという謎の香りをセレクト。春のような香りってことでしょうか。2リットルもある!!(笑)

とにかくまずはやってみる。
これがキーワード。
まー出来ないことは出来ませんが。
ちょっとでも触手が動いたことには受けてたとうかなと。

「鈍じゃ困るよ」
その時の先生の顔が頭をよぎります。