2016年10月6日木曜日

富士通:パソコン事業をレノボ傘下へ

富士通、パソコン事業をレノボ傘下に
合弁事業で調整 月内合意めざす
2016/10/5 23:36
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ05IEW_V01C16A0000000/?dg=1&nf=1
 富士通はパソコン事業を中国レノボ・グループの傘下に移す方針を固めた。合弁事業とし、レノボが過半を出資する方向で調整している。月内の合意をめざす。富士通は今年2月に非中核分野としてパソコン事業を分社しており、レノボに主導権を渡すことでIT(情報技術)サービス事業などに経営資源を集中する。 
 富士通グループでパソコンの企画・開発・製造を手がける部門を合弁会社に移管する。2000人程度が移る見通しだ。パソコン世界首位のレノボの規模を生かし、部品の調達や製造のコストを削減する。 
 「FMV」ブランドのパソコンを手がける富士通は、2015年度の出荷台数が400万台だった。出荷の大半を占める国内市場ではシェア2位で、1位のNECレノボ・グループを追っている。だがパソコン市場の縮小などで採算が悪化しており、15年度は「3ケタ億円の赤字」(富士通)だった。 
 富士通は東芝のパソコン事業やVAIO(長野県安曇野市)との統合も模索したが、合意に至らなかった。富士通首脳は「短期的に黒字にはできるが2~3年後の状況は不透明だ」とみて、他社との事業統合などの可能性を検討してきた。工場も含めて統合する案を提示したレノボを選んだ。

(私見)

コンピュータ事業に関わり続けている私としては大変ショックなニュース。日本におけるコンピュータの歴史を紐解くと富士通は欠かせない存在です。昨今の事情も鑑み、スマホ等も国産メーカーを意識し、SHARPが実質亡き後は富士通を使っておりましたが・・・・遂に富士通も・・・。最近はショックなニュースが多い。時代の趨勢で止む終えない点でしょうが、ん~・・・・厳しい。せめて台湾のASUS辺りに・・・無理かなのかなぁ。

私個人としてはここ15年ずっと自作のパソコンで仕事してきましたので、影響はないのですが、むしろ技術が失われたり衰退する可能性に寒い思いをしています。これはそのままスマホやタブレットにも直結する話ですし。そうですか・・・これが現実か。こうなると、いよいよ日本は小さな社会を模索する道が最も適切なのかな~?なぞと感じます。