2010年6月25日金曜日

サッカー・ワールドカップ南アフリカ大会

最初に「岡田ジャパン!すいません!」と言わせて下さい。
「そしてお見事!!」
デンマーク相手に3vs1で勝利。決勝進出を決めたそうで。私は自分が恥ずかしい!

始まる前から全く期待してませんでした。すいませんw
中田のような優れた司令塔もおらず、吸引力も柔軟性も感じられない岡田ジャパンでは到底無理っす。
と思ってました。
「申し訳ない!!本当に申し訳ない!!」

ただ、本戦前にみた番組で考えは少し変わっていた。
試合会場となる高地では球が回転しずらい上に、普段よりも余計に球が飛ぶためコントロールが難しいと解説されていた。実際に蹴った映像をみて、驚愕した。恐ろしい伸びである。プロが得とくしている感覚と全く違うことに驚いてた。それを見て、大番狂わせは十分にあるとは思っていた。その点ではゲバ表は全く信じていなかった。
とはいえ、まさかここまで明確に大番狂わせが出るとは思いもよらなかった。ドログバの骨折、フランスの不和といい。荒れにあれた。プロの世界ですら大きな環境変化は想定外のことが起きるのだろう。そこにいち早く調整できたチームに勝機は生まれるのだと思う。

初戦1vs0でカメルーンに勝利。これは事前に可能性のある唯一のカードだった。
オランダ相手に負けはしたものの0vs1。観戦していたが、何ら恥じる試合ではなく、実力差は明確にも関わらず勝っても不思議ではない試合展開に大いに感動した。決勝進出はありえる!と思わせる試合。選手たちも試合後極めて冷静で期待をもてるものだった。
「1vs0で日本の勝利か、1vs1で引き分けか!?」
と妄想で楽しませてもらったが、まさか3vs1とは。
本当に重ね重ね申し訳ない!!

やはり人間諦めたら終わりなんだと胸に痛く感じた。
投げた瞬間に全ては終わる。
投げたらあかん!
それと、文句ばかり言ってたらもっとアカン!と思わせた。
大いに反省し、大いに感動する。