2011年3月26日土曜日

東日本大震災の記事から3/26

記事関連は、「続きを読む」 以降に掲載。

宮台さんが今日のトークオンデマンドで語っていたとされるツイートを読み初めてしった。
1960,70年代に頻繁に原爆実験が繰り返された当時、今より遥かに高い放射線が覆っていたらしい。
地下実験が少なくなり自然に放射線量が減り今に至っていたに過ぎないのか。
やっぱり・・・。と思わざるおえない。
地下実験とはいえ、それが全く地表に影響がないとは到底思えないからだ。
もし、全く影響が出ないように出来るなら、その技術がとうに活かされているはずである。

となると先進国にあの病気が多いのは無関係ではないのだろうか?
地球はつながっている。
日本もそうだ。嘗てのソ連はけして遠くない。
何せ黄砂ですら年々日本に降り注ぐ量は著しく増大している。
そう考えると、近日報じれた黄砂に含まれたソレを韓国が警戒しているのは、
やはり中国のアレの動きが活発だからではなかろうか。
影響を否定できないように思う。

これは実に身近な疑問にも言える。
私は自らのアトピーと常日頃から向きあうにどう考えても合点がいかないと思っていた。
多くの皮膚科医やその他多くの人が公然と否定することだ。
アトピー患者はやはりある時期からどう考えても爆発的に増えているように思う。
しかし、日本の皮膚科学会は今でもアレルギーと一刀両断し、マスメディアもそう語り洗脳する。
日本ぐらいである。
そして国民もそれを疑いもなく受け入れている
その何ら疑問も抱かないことにずっと違和感を感じていた。
もちろん放射線の影響に特定したものではなく、様々な科学物質を含めての話だ。
なんからかの嘗て無かったものがある状態になり遺伝子になんらかの影響を及ぼいていると考えると自然に感じる。

ある意味では国民は結果からしか事実を知りえないのかもしれない。
過去は済んだことだ。しかし今は違う。
今一度足元を見ることに注力すべきに思う。
結局は自分にそれがかえってくる。

さかのぼった記事も一部ピック。

改めて盛り上がっているようだ。
にしてもかっけぇよ・・・わざわざ身元かくしてまで・・・!!
ロケット24)江頭さんの行動に、布袋寅泰さんも尊敬の念を抱いた
http://rocketnews24.com/?p=82167
任侠の火は完全に消えたわけではなかったのか、と思いたい。
悪に強きは善にも強し!!!
ロケット24)ヤクザの災害支援活動、海外メディアが報道
http://rocketnews24.com/?p=82037
よくも悪くも世界は一つなんなだなぁと思います。
我々は一人ではない!!
アメリカの団体がFacebookで救助犬派遣プロジェクトを開始 / 「いいね!」のクリック数に応じて寄付金が決まる
http://rocketnews24.com/?p=80262

そう私もそう思います!!
再生の時はすぐそこにきている。ピンチをチャンスに!!
東北に最先端の環境防災都市を造れ!世界が振り向く復興計画第一弾
http://diamond.jp/articles/-/11600
リテラシーがないと厳しい内容ですが、
つくづく世の中に絶対はないのだと思い知らされます。
でも希望は残したい。
生マル激トーク・オン・ディマンド 『あえて最悪のシナリオとその対処法を考える』 の実況ツイートまとめ (2011.03.25)
http://togetter.com/li/116190
こういうことも心の支えになりますね。
ロケット24)ガンダムが日本にエール「ガンバレ日本」、著名漫画家たちからメッセージ続々
http://rocketnews24.com/?p=80655
こうした思いは、
政府というより多くの慈善的活動を地道に行なってきた団体や個人の
存在が大きいように感じます。これからの身の振る舞いに思いをよせます。
いやー嬉しいねぇ。嬉しい。嬉しいよ。
台灣如何看待日本311 (台湾は日本国民に捧げます)