2011年3月18日金曜日

経済の歯車

よく読みに行くブログの方の記事が久しぶりに更新された。

http://blogs.dion.ne.jp/seki3/archives/10037044.html

彼は役者をしながら吹き替えをしたり、単発で漫画を書いたりしつつも、基本的にはアルバイトで生計を立てているのですが、2日連続でアルバイトが中止の連絡があって困っているとのこと。計画停電の影響だ。それにしても残金を見ると絶句する。

そうだ・・・アルバイトやパートで生計をたてている方は休み=収入減 に直結する。
もともと預金等ないに等しい状況で回している方も多いため死活問題になる。
それこそ1円もなくなってしまう。

お店も閑古鳥で本当に開店休業が目立つ。
そうしたお店は、例えばだが

本日から当面、売上の一部を義援金として寄付します!!
だから皆さんでドンドン飲み食いして被災地を支援しましょう!!

とかキャンペーンをはったらどうだろうか?
そうすれば経営者はお店が回って嬉しい、アルバイトも呼べる、お店に行く人はお腹も心も満たされる、そして実際に被災地の方の為にもなる。全員得!!!
その際は、お店もちゃんと利益は残すべきだと思うし、幾ら、どこに義援金を送ったかは発表すべきだろう。長期になる場合は1週間ごとに区切って発表するのもいいかもしれない。そうすることで、お店の人も、お店に行ったお客さんも手応えを得られるから一層いい歯車が回る気がする。

そうしたアイデアを一つ一つ形にしてなんとか経済の歯車が壊れませんように、
皆さんで力を合わせましょう。