2011年3月19日土曜日

客観的判断が次々

残念な情報や不安げな情報が錯綜もしておりますが、続々と海外から客観的な声も上がってきました。そして何より正解各国から義援金や支援の声が多く上がってるようです。これには本当に胸が熱くなります。国内ではロクすっぽ報道されていないように思いますが本当に多くの国々によって今の日本は支えられていることを痛感いたします。ソースが不明確なので書くか悩みましたが、台湾ではたった4時間で震災復興のために約78億台湾ドル(20億円超)の募金が集まったとのツイートもありました。皆けして他人ごとではないのです。それは綺麗事ではなく、3位にランクダウンしたとはいえ、日本はまだ世界第3位の経済大国なのです。そこが沈むということは、イコール自分たちの生活にも尋常ならざる事態が起きることは自明の理だからです。そうしたクールな現実をも含めて他人ごとではないのです。

福島第1原発:日本への渡航制限「必要なし」 WHO
http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/news/20110319k0000e030023000c.html


福島第1原発:東京、「健康上の危険ない」 IAEA

こういう時だからこそ、面白がって悪さする人はいます。また本当の意味で後先考えず軽率になってしまう人。(以下記事の1.) どこにでもいるじゃないですか!ね、周囲に一人ぐらいはそういう人。顔浮かぶでしょ。(笑) ほら、芸人でも。(笑) 

コレ読んでください、http://togetter.com/li/113271 いかに多くの義援金や元気玉が世界から送られているか。目の前に差し伸べられた手に感謝と敬意をもち、各自は胸をはって前進しましょう。いつか必ずこの御恩は返せる時がくる筈です。その時まで我々は挫けている余裕はないのですから。
この今の地球船日本号の乗組員で最大限の能力を発揮する。映画「アルマゲドン」でもアイツ縛り上げられたじゃないですか。(笑) 世界の人たちはコレほどまでに行動しているんです。

日本政府と東電に対して然るべき責任をとらせるのは後です。少なくとも、あんな政府を選んだのは我々なんですから、我々の一人ひとりの責任なんだと思います。


1。米“放射能パニック”隠蔽政府にヒラリー激怒「信用できない」
2.↑ZAKZAK反日記事のソースを調べてビックリ(↓以下一部を転載)
 要するに、この記事は、現政権を罵倒したいがために、「世界から日本が嫌われてるぞ」と孤立感を煽り、反米意識も煽っているだけなのです。しかし、たとえ弱いキャプテンであっても今はみんなチームとなって彼を助けて危機を乗り切らなければならない時です。それを、このような記事で、チームワークを引き裂き、日本を助けようとしている世界に対する疑心暗鬼をばら撒いて何になるのでしょう。これこそ反日行為以外の何物でもありません。
3.町山智浩さんのつぶやきと世界の人たち 
町山さん:この記事はひどいデマです。在米の皆さん、そうですよね?
世界からのリアクション: http://togetter.com/li/113271

4.NYタイムズには「日本にシンパシーと尊敬を」という記事が出ています。
http://kristof.blogs.nytimes.com/2011/03/11/sympathy-for-japan-and-admiration/?scp=4&sq=hilary%20japan%20eathquake&st=cse